GROUP

ID unit[アイディ・ユニット]

ビジネス・トランスフォーメーションのためのパートナー

Member

3

Posts

4

Member Pic

Member

3

Posts

4

ビジネス・トランスフォーメーションのためのパートナー

Outline

変化のための準備室をつくろう!

新しい変化を起こすためには、従来のミッション遂行のためにデザインされた組織ではうまくいかず、新たに組織そのものをリデザインすることからはじめる必要があります。「変化を起こしたいなら、まず自分たちが変わることだ」とよく言われるのは、そういうことなのでしょう。
同様に、これからサステナビリティ・トランスフォーメーションやデジタル・トランスフォーメーションに取り組むためには、組織の枠を超えたSX準備室、DX準備室を立上げ、施策の開発や、実行&改善を行っていく必要があります。
準備室の立上げには、様々な分野のプレイヤーの協力が必要です。これまでにない発想が求められるためクリエイティブな視点を持つ人や、議会や行政との連携が求められることも。当事者である市民を巻き込んでいくことも重要です。

準備室が担う4つの役割

変化のための準備室

組織の枠を超えた人々から成る準備室の構成イメージ

組織の壁を超えて、変化に向けての準備をすすめる準備室

変化のための準備室の6つの役割

  1. 変化にむけての前提を探る(内省と社会観察)
  2. 変化のためのヴィジョンを検討する(仮説とコンセプトづくり)
  3. 変化をデザインする(サービスデザイン)
  4. 変化の実証実験をする(サービスのプロトタイプ、実証実験)
  5. 変化を実行する(開発仕様、コスト、スケジュール、開発&生産計画、市場導入計画)
  6. 上記にともなう会議体運営、プロジェクトマネジメント、資源の確保

変化のための準備を行うステップ

変化 のための準備を行うステップ

CASE : SMBCグループ・GREEN×GLOBE partners運営支援

SMBCグループ・GREEN×GLOBE partners運営支援

「環境・社会課題解決の「意識」と「機会」を流通させる」を目的とした、SMBC “GREEN×GLOBE Partners”のコミュニティ運営支援を実施しています。

トークイベントやワークショップなどを通じて、環境・社会課題に取り組もうとしている人たちの交流・コミュニケーションの場を提供します。
コミュニティの中から、持続可能性の課題に取り組む活動が生まれることを目標にしています。

お問い合わせ

プロジェクトのご相談、お問い合わせは、下記のアドレスまでご連絡ください。

担当窓口:ID unit(棚橋 / 菊地)
アドレス: id-unit@loftwork.com

 

Event

Activity

Member

棚橋 弘季

株式会社ロフトワーク
執行役員 兼 イノベーションメーカー

Profile

菊地 充

株式会社ロフトワーク
クリエイティブDiv. シニアディレクター

Profile

小檜山 諒

株式会社ロフトワーク
クリエイティブディレクター

Profile

その他のグループ