黃 宜品

Fab Master 黃 宜品Yipin Huang

コンピューテーショナルデザイン専攻、在学中はHCI(human–computer interaction)を研究。卒業後、ユーザーエクスペリエンスデザインチームで、インターフェイスデザインに従事。

2013年、コンピューターサイエンスの知見を元に3Dプリンターでのモノづくりをはじめ、Fab Academy卒業を経て、現在はFabCafe台北にてFab Masterを担当。ファブリケーション技術を活用するワークショップの企画開発や、Fabチームを巻き込んだプロジェクトを主に担当中。

Project

チャット受付中です。