FabCafe Hidaでは、8月1日(火)より、一般の方も利用可能な林業体験宿泊プランの提供を開始します。FabCafe Hidaは、匠の技が息づく飛騨古川の中心に位置し、江戸時代から大切にされてきた築100年以上の歴史ある古民家を改築、誰でも気軽に木工やデジタルものづくりを体験できるカフェとして2016年4月にオープンしました。
この度、農林漁業体験民宿(※)に登録されたことにより、森林体験や特殊林産物の活用、工房を利用した木工製品や家具づくり等の滞在体験をより広く一般の方々に対して提供できるようになります。これらの活動を通じて飛騨市の未活用資源の活用、伝統技術の継承、地域内外の交流機会の促進を目指します。

「森とものづくり」を堪能する3つの宿泊プラン

8月1日(火)より、広葉樹の豊かな森を歩く「森の宝物探しピクニックプラン」、お子さまでも楽しめる「初めての木工体験プラン」、女性でも楽しめる「オリジナル家具DIYプラン」の予約受付を開始します。

各コースの予約は、FabCafe HidaのAirbnbより受け付けています。

森の宝物探しハイキングプラン(5月〜11月のみ)

料金:1泊2日朝昼食付(B&B)12,000円

森にはたくさんの宝物があります。多様な生物、植物、食物。森と人間の暮らしの連関を学びながら、楽しく森の宝物を探すエンターテイメント性たっぷりのピクニックプランです。飛騨古川駅を起点にアクセスしやすいコースをセレクトしました。森マップ、ランチ、山頂コーヒーセットを片手に出かけましょう!
https://hidakuma.com/services/camp/forestpicnic/

初めての木工体験プラン (「My箸」か「My升」をつくろう)

料金:1泊2日朝食付(B&B) 15,000円

FabCafe Hidaのスタッフによる講義により、様々な樹種の特徴や適材適所の使い方など、目から鱗な知識を得ながら、カンナ、ヤスリをつかった木工体験を楽しめるMy箸づくりプランと、美しいオリーブ色の朴木製の升にレーザーカッター体験をできるプランです。
https://hidakuma.com/services/camp/hardwoodcraft/

オリジナル家具DIYプラン(チョッカク家具づくり)

料金:1泊2日朝食付(B&B) 42,500円〜(ベンチのサイズにより値段は変わります)

空間にホッとする居場所を生み出すベンチを自分でつくるDIYプランです。個性的な広葉樹の中から気に入った樹種を組み合わせれば世界にひとつだけのベンチに!FabCafe Hidaのスタッフの丁寧な指導の下、工具と木工機械をつかって職人さながらに製作できます。
https://hidakuma.com/services/camp/hardwoodfuruniture/

FabCafe Hidaの特色

FabCafe Hidaは、広葉樹の森に囲まれ匠の技が息づく飛騨古川の中心、弐之町にあり、江戸時代から町の “宝もの”として愛されてきた築100年以上の建物を改築した歴史ある古民家宿です。元酒蔵を改装した木工機器とデジタル機器が併設されたデジタル木工房を併設し、最新テクノロジーと伝統の技術を使ったものづくり体験から、職人との協業で本格的な家具づくり、さらには森林浴や自然食材を楽しむレクリエーション活動まで、総合的な体験ができるクリエイティブ拠点です。

宿泊スペースについて

  • 和室4部屋(各部屋3~4人まで)
  • 最大14名まで宿泊可能
  • バスルーム・トイレは共同
  • キッチンは規定の時間で利用可能

※農林漁業体験民宿とは
農林漁業体験民宿とは、『施設を設けて人を宿泊させ、農山漁村滞在型余暇活動に必要な役務を提供する』宿で、農林水産大臣から「登録実施機関」 の登録を受けた一般財団法人 都市農山漁村交流活性化機構が運用しています。
登録機構である一般財団法人 都市農山漁村交流活性化機構(愛称 まちむら交流きこう)は、FabCafe Hidaを以下のように評価しています。

  • 平成17年度法改正以降、飛騨市での登録は初である
  • 第三セクターである林業事業体が主体である
  • 森の案内から木工体験を一貫して提供できる
  • 中長期滞在宿泊施設内に家具制作や木工ができる本格的な工房が併設されている
  • デジタル機器と木工機器を併用できる市民に開かれた工房 兼 カフェ機能がある
  • 地域の素材活用や森に関連する林業ツアーを定期開催している
  • 飛騨市と連携しながら地域職人との交流拠点として機能しており、若い方々を中心に楽しく活性化に取り組んでいる
  • 本登録制度はホテル、旅館も登録しているので企業として初とは言えないが、大変珍しい運営方法であるといえる

農林漁業体験活動を通じて農山漁村の人・もの・情報と深く触れ合うことができる農林漁業体験民宿は、都市と農山漁村の人々を結ぶ架け橋として、重要な役割が期待されており、グリーン・ツーリズムの推進にとって欠かせないものとなっています。

株式会社 飛騨の森でクマは踊る

豊富な広葉樹を所有し、組木の技術が残る稀有な地域でありながらも人口減少と伝統技術の喪失に課題を抱える飛騨市と、森林の価値を高めることで持続可能な地域の実現を目指す株式会社トビムシ、グローバルクリエイターネットワークでありカフェでもある「FabCafe」を世界中に展開するクリエイティブエージェンシー、株式会社ロフトワークの3社で設立した官民共同事業体です。

会社名 : 株式会社 飛騨の森でクマは踊る(通称 :ヒダクマ)
代表者 : 代表取締役社長 林千晶
所在地 : 岐阜県飛騨市古川町弐之町6番地17号
事業概要 : 木製品加工販売、カフェ運営・合宿滞在事業
設立 : 2015年5月25日
http://hidakuma.com

▼FabCafe Hida
通常営業時間:10:00~17:00(水曜定休)
所在地:飛騨市古川町弍之町6番17号
http://fabcafe.com/hida

Next Contents

AIデザインを活用してヨットのデザインを行うワークグループ、「A.D.A.Mプロジェクト」始動!

Loftwork magazine