『Web Designing』と『クスール』が送る、Webクリエイティブの為のデザインとアイデアに満ちた、1日限りのパフォーマンス。dotFes(ドットフェス)のトークセッションに、MTRLプロデューサーの小原が登壇します。

dotFes(ドットフェス)は、2008年の東京・新宿の廃校での開催を皮切りに、2009年の沖縄、東京、京都、仙台、京都、ベトナムと、各地でトークセッションやライブパフォーマンス、インスタレーションなどを提供。そして2019年は大阪梅田での開催となります。

多彩なクリエイターやコミュニティ、テクノロジーベンダーなどによる出展やコミュニケーションスペースも用意し、にぎやかで刺激に満ちた、Webクリエイティブの為の学園祭のような、コミュニケーションイベントです。

今回、FabCafe MTRLの触覚デザインのコミュニティ「Haptic Design Project」の活動を通じて得た知見やプロジェクト事例を元に、名古屋工業大学で触覚研究を行う田中由浩准教授と、1-10,Inc.の森岡東洋志氏を招いて、トークセッションを行います。

dotFesに集まるクリエイターコミュニティと、「触覚」の可能性についてディスカッションできることを楽しみにしております。当日はいくつかの触覚デバイスのデモも行いますので、関西にお住まいの方は是非、会場までお越しください。

dotFes OSAKAイベント詳細

「dotFes OSAKA 2019 これからのダイバーシティー」 https://www.dotfes.jp/2019osaka/

◾日時
2019年11月17日(日)
開場11:30、12:00〜19:00終了予定

◾会場
関西大学梅田キャンパス KANDAI Me RISE
〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1番5合 7階(受付)8階
阪急「梅田駅」茶屋町側から徒歩5分
JR「大阪駅」から徒歩10分

◾MTRLプロデューサー小原登壇セッション
SESSION 4A
触覚、触感のデザイン「Haptic Design」とは何か。
見る、聴くから、触れるデザインへhttps://www.dotfes.jp/2019osaka/talksession/#section_4a

登壇者プロフィール

MTRL プロデューサー
小原 和也

2015年ロフトワークに入社。素材/材料の新たな価値更新を目指したプラットフォーム「MTRL」の立上げメンバーとして運営に関わる。現在はプロデューサーとして、素材/材料基軸の企業向け企画、プロジェクト、新規事業の創出に携わる。モットーは 「人生はミスマッチ」。編著に『ファッションは更新できるのか?会議 人と服と社会のプロセス・イノベーションを夢想する』(フィルムアート社、2015)がある。あだ名は弁慶。

Next Contents

今注目の電子契約、ロフトワークでも推進中
具体的な流れやメリットをご紹介!

お困りですか?