オープンイノベーションプラットフォーム「AWRD(アワード)」は、FabCafe Globalとともに世界中のクリエイターから「未来を変えるマスクデザイン」のアイデアを募集する「Mask Design Challenge 2020」を開催します。

大規模な山火事やウイルス流行、国全体のデモ活動など。いま、世界で起こる様々な出来事により、マスクの存在価値が急上昇しています。また COVID-19(コロナウイルス)の影響により、世界中の主要都市で医療用のマスクの需要が高まると同時に価格が跳ね上がり、「マスク不足」が社会問題となっています。

今回、日々「必需品」となっていくマスクをテーマに機能性に優れたものから、思わず装着したくなるようなスタイリッシュなものまで、ジャンル問わずあらゆるタイプのマスクのアイデアをグローバルに募集します。応募時点では、プロトタイプはもちろん、スケッチイラストでも構いません。日々「必需品」となっていくマスクを、あなた自身のアイデアでアップデートしてみてください。

本プロジェクトを通して、変わりゆく世界と深刻化する課題に対し、クリエイティブで未来を良くする方法を模索していきます。

主 催:FabCafe パートナー:AWRD

「Mask Design Challenge 2020」概要

応募概要

募集期間: 2020/03/17( 火 ) – 2020/04/09( 木 )

応募内容: 「マスクのアイデア募集」
「機能性に優れたものから、思わず装着したくなるようなスタイリッシュなものまで、ジャンル問わずあらゆるタイプのマスクのアイデアを募集します。応募時点では、プロトタイプはもちろん、スケッチイラストでも構いません。PM2.5 やCOVID-19  の深刻化が進むなか、外出時のマスク着用の義務感や、長時間マスクを着用する窮屈さを感じることがあります。そんな課題を解決できるようなマスクを求めます。日々「必需品」となっていくマスクを、あなた自身のアイデアでアップデートしてみてください。

審査基準: 下記の審査基準で受賞作品を選出します。
・アイデアのコンセプト: なぜこのアイデアに至ったか、またはアイデアの実現性など。
・創造性: サステナブルなものや、新たな素材を活用したマスクなど。斬新でクリエイティブなアイデアを求めます。
・機能性: マスクとしての機能を維持しているか、またどのように洗って使い回しができるか、など、デザインだけでない、使いやすさや機能性を求めます。

賞            : 審査員賞(8~12 点程度)、FabCafe 賞(1点)
受賞作品は、FabCafe Tokyo で展示され、FabCafe グローバルがもつメディアコンテンツで紹介されます。

こんな人におすすめ: プロダクトデザイナー、デザインを勉強する学生、DIYや新しいものを考えることが好きな人

審査員

Dr. Kenneth Kwong Si-san
鄺士山博士
香港中文大学元講師
Pichit Virankabutra
TCDC Director of Creative Space Development Department
Maibelle Lin / 林怡君
Pinkoi 共同創設者 / CPO
大村卓
プロダクトデザイナー

FabCafe について

FabCafeの「Fab」という言葉には、大量生産やマーケットの論理に制約されない「FABrication(ものづくり)」と「FABulous(愉快な、素晴らしい)」の2つの意味が込められています。FabCafeは、その”Fab” スピリットをおいしく、楽しく、わかりやすく伝え、そして広めていく場所です。人が集うカフェという空間に、3Dプリンターやレーザーカッター等のデジタルものづくりマシンを設置。スペシャルティコーヒーに、新鮮な野菜とたっぷり使ったフード、パティシエによるスイーツなどを提供。様々なクリエイティブコミュニティが集います。

AWRD について

AWRDは、株式会社ロフトワークが運営する、クリエイティブなコンペティションやハッカソンを世の中に届けるプラットフォームです。プロジェクトを通して「主催者」と「クリエイター」をつなぎ、多彩なクリエイティブ・アワードや共創プロジェクトを展開します。

Next Contents

「デザイン経営」実践の5つのポイントとは?
中小企業におけるデザイン経営調査報告書を公開

お困りですか?