ロフトワークが新規事業支援を行っている「文喫 六本木」が、「文化を喫する」スタイルを実験する「文喫の実験室」をスタート、公開大研究会を2023年9月22日(金)に開催します。

「文喫 六本木」は、日本出版販売株式会社および株式会社ひらくが運営する入場料のある本屋です。新プロジェクト「文喫の実験室」は、本を通じた「文化的経験」を、既存の媒体や「読む」「聞く」という行為だけに限定せず、ローカルの魅力を物語によって引き出したり、物語をパーソナライズしたり、一人ではなく複数人の体験として読書をリデザインしたり、様々な体験を通して生活の中にインプットする方法を検討する実験的コミュニティです。

「文喫の実験室」公開大研究会を9月22日に開催

キックオフイベントである「公開大研究会」では、3組のクリエイターと制作した新サービスのプロトタイプの体験会、物語の可能性について語るゲストトークや、kengoshimiz氏によるDJライブパフォーマンスを「文喫 六本木」で実施します。イベント後はユーザーテストで得られた生活者の反応をベースに、今後の「文化を喫する」新しい体験デザインを、様々な形で実験、実装していきます。

日程
2023年9月22日(金)
会場
文喫 六本木(〒106-0032 東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F)
時間
19:00~22:00(開場18:30)
参加費
1,000円(税込・1ドリンク無料)

体験できるプロトタイプ

①ものがたりトラベル

ものがたり視点で日常を再発見するリトラベルパッケージサービス「ものがたりトラベル」は、多様な物語の「ジャンル」というフィルターで、訪れる人の体験をスイッチします。たとえば同じシャッター通りの商店街、空き家、廃校になった小学校でも、「SF」的視点で見るのと「ホラー」的視点で見るのとでは目につくものは変わります。土地に物語を付与することで、新たな価値を見出すことができるはずです。文喫がローカルの魅力のキュレーターとなり、日常に文学の世界観を重ね合わせた、新しいトラベル体験を提案します。

今回のプロトタイプでは、六本木を舞台にしたホラーシナリオを通して、普段と違う街の一面を体験するツアープログラムを制作しました。音声コンテンツによるガイドや、文喫が本を選ぶように街の魅力をキュレーションしたマップ、体験後の感想のシェアなどのコミュニティ参加の要素によって、街に新たな一面を生み出します。

参加クリエイター

くろやなぎてっぺい(プランナー、映像作家)

映像、音楽、企画など多方面で活動。NHK連続テレビ小説「半分、青い」オープニング映像、Mr.Childrenステージビジュアル、「デザインあ」ID映像、東京パラリンピック2020競技紹介映像(NHK)など。「映像作家100人」選出。またライフワークとして「あいうえお作文RAPプロジェクト」を企画。芸術分野では文化庁メディア芸術祭、横浜トリエンナーレ、アルス・エレクトロニカ、SIGGRAPHを初め、国内外のメディアアートフェスティバルに多数参加。またアートバンド1980YEN(イチキュッパ)を食品まつりと共に旗揚げし、音楽、映像、美術、インターネットをミックスした独自のスタイルで活動。P.I.C.S. management /ブルーパドルに所属。

②むかしむかし あるところにいた私

時代を超えた名作に「わたし」が登場できるストーリー生成サービスです。物語に夢中になると、登場人物と自分が重なって同一人物のように感じることがあります。もし物語に自分が登場して、自分の性格や考え方を反映した振る舞いをするとしたら一体どうなるでしょう。

「むかしむかし あるところにいた私」では、誰もが知る童話に登場することができる、新しい物語体験を提案します。今回のプロトタイプでは、AIとの対話を通じてユーザーのパーソナリティをヒアリングし、変化するストーリー生成サービスを制作しました。パーソナライズすることで、より没入感の高い物語の体験を生み出すことができるのか、そして、AIとの物語共創が、本と読者との関係性をどう変えるのかを実験してみます。

参加クリエイター

木原 共(メディアアーティスト)

遊びを通じて新たな問いを人々から引き出す「思索のための玩具」をテーマに、実験的なゲームやインスタレーションの開発を行う。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、オランダのデルフト工科大学院のインタラクションデザイン科を修了。その後、アムステルダムに拠点を置く研究機関 Waag Futurelab に参加。近年の作品はアルス・エレクトロニカ STARTS PRIZE (リンツ、2021年)にノミネート、Victoria & Albert Museum(ロンドン、2022年)で展示された。

Webサイト
Instagram

③Book Mark Club

コミュニティベースで本を読み合う共同読書サービスです。本は一人で読むものと思われていますが、複数人で本を読むという目的を設定することで「本を読む」行為をリデザインします。「ブックマーククラブ」では一冊の本を分かち合い、複数人で書き込みながら読むことで生まれる新しい共同読書体験を提案します。今回のプロトタイプでは、本をオンラインで共有し、お互いにメモや落書きをしながら、読み合うための共同読書補助ツールを制作しました。同じ本を複数人で読み、自分とは異なる解釈や着眼点に触れることで、周囲のメンバーへの興味を掻き立てられるはずです。ページの余白に内容とは無関係な雑談や落書きをすることで、間接的に離脱率が減り、一人では読み通せなかった本を読み進めることができるようになるかもしれません。

参加クリエイター

Studio Playfool(クリエイティブユニット)

Playfoolはダニエルコッペン(イギリス)とマルヤマサキ(日本)によるデザイン・アートユニット。あそびと個々人の主体性との相互作用が関心テーマ。制作手法はプロダクトからインスタレーション、マルチメディアまで幅広く、作品を通して年齢に関係なく実験と発見とを促すあそびの特質を強調している。

Webサイト
YouTube

本件に関するお問い合わせ

日本出版販売株式会 文喫事業チーム 担当:有地
TEL.03-3233-4802
E-mail:aruchi_k@nippan.co.jp

Keywords

Next Contents

仮想世界と物理世界が溶け合う、新たなアプローチが世界から集結。
「GEMINI Laboratory GLOBAL DESIGN AWARDS」が、受賞作品を発表!