EVENT Meetup

Material Meetup TOKYO vol.03
「構造と強度」のマテリアル

Finished イベント終了

Date
2019-04-04 (Thu)
Time
19:00-21:30
Place
FabCafe Tokyo MAP
Capacity
80
fee
1,000円

Finished

About

素材の新たな価値を発見する

素材を意味する「Material」を略して名づけられたプラットフォーム「MTRL(マテリアル)」。創造性を刺激する素材を起点に、デザイナー、アーティスト、研究者から企業まで、多様なテーマに取り組むプロジェクトの拠点として、日々革新的な活動が生まれています。そんなMTRLが、「素材」を起点にしたMeetupを開催。歴史、技術、加工、用途開発、デザインなど、素材を多角的に見つめ、新しい価値を発見します。

素材メーカーによるピッチと展示

「Material」の魅力をメーカー担当者がピッチ形式でプレゼンテーション。デザイナーも交え、フラットにディスカッションしながら、素材の魅力を吟味します。また、実際の素材も展示されます。

テーマは「構造と強度」

vol.3のテーマは、「構造と強度」。普段何気なく使っているモノの中に宿る、構造とそこから生まれる強度が私たちの暮らしを支えています。「Material」のレベルに視点を潜り込ませ、新たな素材の価値を探ります。

素材メーカーからの飛び込み & 持ち込みプレゼン歓迎

素材メーカーの皆さんに、プレゼンテーションや会場に素材設置をしていただけます。先着順、最大3枠程度。ご希望の方は、fabcafe.mtrl@loftwork.com までメールにてご連絡ください。Material Meetupでは、「プロダクトや建築に関わるクリエイターに素材を知ってほしい」「面白い技術だけど、どう展開していくかまだ未知数」…そんな素材や技術と、クリエイター、異業種のメーカーの出会いから新たなプロジェクトが生まれてきています。

ゲスト

AGC株式会社 協創プロジェクト「SILICA」 クリエイターコラボレーション展示「ANIMATED」

AGCは祖業のガラスに加え、電子・化学品・セラミックスなど多彩な事業を持つ素材メーカー。保有する素材と技術の新たな可能性を引き出しイノベーションを生み出すために、外部の技術・知恵・アイディアを積極的に取り入れる協創プロジェクト「SILICA(シリカ)」を2018年に始動しました。BtoB素材メーカーの先端的取り組みをケーススタディとして、「SILICA(シリカ)」やクリエイターとAGCの技術者が組み生まれた、素材や技術の新たな魅せ方を展示した「AGC Collaboration Exhibition 2018『ANIMATED』」についてご紹介いただきます。
[ウェブサイト] http://www.agc.com/news/detail/1198059_2148.html

なお、当日は、FabCafe Tokyoエントランスでの「AGC Collaboration Exhibition 2018『ANIMATED』」の巡回展もお楽しみいただけます。
[ウェブサイト] https://fabcafe.com/tokyo/events/animated_190326

3Dプリントを最大限活用するための新しい設計手法「DfAM」 によって製造業のR&Dを支援する(株式会社3D Printing Corporation)

DfAM(Design For Additive Manufacturing,ディーファム)とは,3Dプリントを最大限活用するための新しい設計手法として近年注目を集めています。3Dプリンティング/マニュファクチャリングの基本的なメリットを最大限に活かすための設計ガイドラインやツールです。製品の軽量化、より高いコストパフォーマンス廃材の削減、3Dプリント時間の最適化、廃材の削減など、DfAMのスペシャリストによるR&D支援を得意とします。
本イベントでは、造形するカーボンやナイロンに長繊維を織り込むこで、金属並の強度をもつ複合的かつ高精細なエンドユーザー向けパーツの試作品を出力可能にした3Dデスクトッププリンター「Markforged(マークフォージド)」をご紹介いただきます。
[ウェブサイト] https://www.3dpc.co.jp/

産業用重量梱包材世界No.1 強化ダンボール 「トライウォール 」(トライウォールジャパン株式会社)

木材、鉄、プラスティックに代わる重量物梱包材として、世界の主要企業で使用されている3層ダンボール。作業員一人で持ち運べるトライウォールパックは、約3トンの荷重に耐えることができるとともに、木箱の約1/3~1/4の重量。包装する商品に応じて、ムダのない形に加工でき、大型、長尺、円形など色々な形状に柔軟に対応できます。また、特殊加工された耐水ロングファイバー・ライナーを使用することにより、高い密封性と耐候性を確保しています。
[ウェブサイト] http://www.tri-wall.co.jp/

 

※その他参加企業は後日追加いたします。

協力

Speaker

秋山 慶太

ふしぎデザイン, プロダクトデザイナー

秋山 慶太

1988年東京都生まれ。デザイン事務所「ふしぎデザイン」のプロダクトデザイナー。「不思議なものを生み出し、世界の不思議を見つめる」というステートメントのもと、心を動かし共感を生むデザイン・プロトタイピングを行っている。(www.fushigidesign.com

小原 和也

株式会社ロフトワーク, MTRL プロデューサー

小原 和也

兵庫県姫路市出身。法政大学卒業後、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科x-DESIGNプログラムにて、デザインプロセスにおける暗黙知の言語化に着目した研究活動を行う。2015年ロフトワークに入社、FabCafe MTRLプロデューサーとして様々な企画、プロジェクト、新規事業の創出に携わる。
モットーは 「人生はミスマッチ」。編著に『ファッションは更新できるのか?会議 人と服と社会のプロセス・イノベーションを夢想する』(フィルムアート社、2015)がある。あだ名は弁慶。

金岡 大輝

株式会社ロフトワーク/FabCafe LLP, Fabディレクター

金岡 大輝

マンチェスター大学で建築を学んだ後、FabCafeではFabエンジニアとしてRhinocerosクラスGrasshopperクラスなどハイエンドは3DCADワークショップを担当。また、英語力を活かし国内外の様々なクリエイター達とプロジェクトを行うなど、幅広いものづくり知識とネットワークを持つ。

Program

18:30-19:00
開場/デモ
19:00-19:10
オープニングトーク
19:10-19:25
素材紹介
19:25-19:45
ケーススタディ:AGC株式会社 協創プロジェクト「SILICA」 & クリエイターコラボレーション展示「ANIMATED」
19:45-20:15
パネルディスカッション
20:15-20:30
QA
20:30-20:45
MTRLツアー
20:45-21:30
ネットワーキング

Outline

開催日
2019年4月4日(木)19:00-21:00(開場 18:30)
会場
FabCafe Tokyo
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F
参加費
1,000円(ワンドリンク、軽食付き)
領収書発行可
MTRLのウェブサイトにアカウントをお持ちの方は、ログインされたWebページをご提示いただければ無料
学生無料 受付で学生証をご提示ください
対象
・素材/技術開発メーカーにお勤めの方
・新しい素材に出会いたいデザイナー、企業担当者
定員
80名

ご注意
プログラムは予告なく変更される場合があります。
当日の参加者の皆さんのお写真は、後日公開するレポートなどに掲載させていただきます。

ACCESS

企画

MTRL TOKYO

MTRLは世界3拠点(東京・京都・香港)に展開する、「素材」をテーマとしたクリエイティブスペース。日々行われるイベントやプロジェクトを通して、クリエイターが実際に素材に「触れ」インスピレーションを得ることで、新たなクリエイティブが生まれる場を目指しています。 https://mtrl.com/

ふしぎデザイン

ふしぎデザインは、不思議なものを生み出し世界の不思議を見つめる、オルタナティブなデザイン事務所。心を動かし共感を生むデザインを生み出すことを目標に、ものづくりに関わるデザインやプロトタイピングを行っています。
http://fushigidesign.com/

※MTRLのウェブサイトにアカウントをお持ちの方は、ログインされたWebページをご提示いただければ無料です。
※学生の方は学生証の提示で無料となります。

Finished

Related Event