EVENT Online Event

Fab Meetup Kyoto vol.45
なぜ京都の染め職人はコレクションブランドからオファーが絶えないのか
【GUEST : AFURIKA DOGS / アート・ユニ】

Join 受付中

Date
2020-09-23 (Wed)
Time
18:00–19:00
Place
Online MAP
fee
無料

Join

About

「Fab Meetup Kyoto」は、多種多様なバックグラウンドの人たちが、月に1度、ゆるーくお酒を飲みながら、「つくる」をテーマにアイデアやプロジェクトをシェアするMeetupイベント。FabCafe Kyotoで毎月のレギュラーイベントとして開催され、業界の垣根を超えた人が集まるコミュニティが育ってきました。(過去開催時のプレゼンターはこちらからご覧いただけます。)

新型コロナウィルス感染症流行の影響を受け、FabCafe Kyotoに実際に集まっての開催をお休みしていましたが、このたびオンライン版にて再開します。オンライン版のFab Meetup Kyotoでは、毎回1組のゲストを迎え、対話を通して「つくる」人の魅力や奥深さに迫ります。

Presentation theme: なぜ京都の染め職人はコレクションブランドからオファーが絶えないのか

モードの最高峰・パリコレクション。そこに作品を納める常連の職人が京都にいる。かつて着物産業で栄えた嵐山エリアには、腕利きの職人が集う。京都は盆地であるため豊富な地下水があった。その水が、長年にわたって京友禅を支えてきた。

「京都の伝統・文化」と聞くと、保守的なイメージがある。しかしそこには、数々の挑戦と失敗の積み重ねがあった。バブル崩壊・リーマンショックを経てもなお生き残ってきた職人が、コロナ禍でどのようなことに挑戦しているのか、そのリアルに迫る。

Program

18:00
オープニング
・ご挨拶
・本日のゲストのご紹介
18:10
オンライン現場訪問
・工場をめぐりながら、ものづくりの現場をご案内します。
18:35
クロストーク
19:00
閉会

Speaker

中須 俊治

株式会社AFURIKA DOGS, 代表取締役社長

中須 俊治

重彩プロデューサー。
1990年、京都生まれ。滋賀大学経済学部卒業。「みんなが笑って過ごせる世界をつくる」ために日本とトーゴ共和国を往復し、エウェ族と京都の職人の染色技術を重ねて、商品開発している。大学在学中に単身アフリカへ渡航し、ラジオ局のジャーナリストとして番組制作に携わる。大卒後、京都信用金庫に入社。嵐山地域で営業を担当した後、独立・起業。モットーは他力本願、2児の父親。著書に『Go to Togo 一着の服を旅してつくる』(烽火書房)。
AFURIKA DOGS
重彩

西田 清

染色工房「アート・ユニ」, 代表

西田 清

1947年、京都生まれ。大学中退後、生地問屋の営業として東海エリアを担当。広幅の手描き染色に触れ、26歳のときに独立・創業。染料屋とのコネクションを太くし、まだ世に出ていない染料を独自に調達するなかで、独自の染色技法を編み出し続けている。Louis Vuitton (ルイ・ヴィトン) 2016-17年秋冬コレクションで「ろうけつ染め」の作品が採用されたことを皮切りに、エルメスやイッセイミヤケ、ヨウジヤマモトなど名だたるコレクションブランドの作品に携わっている。

Organier

田根 佐和子

田根 佐和子

株式会社ロフトワーク
MTRL プロデューサー

Outline

開催日
2020/09/23(水) 18:00–19:00
場所
オンライン
参加費
無料

Related Event

お困りですか?