EVENT オンライン

「ご相談は “今” がおすすめ!」
Webから始める、ブランドコミュニケーション [最新事例7選]

Join 受付中

今年度から新たにブランドコミュニケーションのためのWeb構築やリニューアルを検討中のマーケティングや広報、ブランドマネージャー。デジタルコミュニケーション戦略担当などの方におすすめのセミナーです。

Date
2022-05-31 (Tue)
Time
15:00〜16:00
Place
Zoom
fee
無料

Join

今年度から新たにブランドコミュニケーションのためのWeb構築やリニューアルを検討中のマーケティングや広報、ブランドマネージャー。デジタルコミュニケーション戦略担当などの方におすすめのセミナーです。

About

Webを起点とした多彩なアウトプットで、あなたのモヤモヤに応える。ロフトワークの最新事例を一挙に紹介

ロフトワークは多様な領域のプロジェクトを支援していますが、実はWeb案件の実績が最も豊富です。なかでもポイントとなるのは、多くの事例が担当者の「モヤモヤ」から伴走しているということ。

「Webになんとなく課題を感じている」「そもそも会社として〇〇という課題もあって」など、「今、何をすべきか」がはっきり見えていない段階から伴走します。対話を通じて課題を顕在化し、Webを起点としながらも、新しい可能性や本当に必要なことが見えてくる。そうして、クリエイティブの力を活かしながら課題に適した多彩なアウトプットを生み出しています。

あなたも、そんな「Webのモヤモヤ」を抱えていませんか?

本イベントでは、ロフトワークの最新事例の紹介を通して、「Webに関するモヤモヤ」から自分たちも知り得なかったブランドコミュニケーションへとつながる、多彩な発展の可能性をお伝えします。

紹介予定事例は全部で7つ。
多様な事例解説から自社の課題解決のヒントがみつかるかも

本イベントでは、2021年度にロフトワークが支援したものを中心に、全7つのブランドコミュニケーション実践のためのWebサイト構築・リニューアル事例をご紹介。それぞれの企業の特徴や課題に合わせ、どのようなプロジェクトデザインをし、WebやCI/VIデザイン、その他のコミュニケーションデザインに落とし込んだのかを簡潔に解説します。

スタートアップや大学、老舗企業に自治体。コーポレートブランドサイト構築や地域情報キュレーション、サービスブランド。様々な組織形態や業界、領域から事例を厳選してお届けします。

なお、今回のイベントは各事例のプロセスを詳細に説明することよりも、「Webを活用したブランドコミュニケーション」をテーマに、各事例の特徴や課題に合わせ、「どんなアプローチを選択しているのか」「それを他社に応用する場合、何をポイントとすべきか」といった部分に着眼した解説を予定しています。

そのため、一つひとつの事例の解説時間は短く設定しています。普段は縁遠い企業や業界の事例も、まとめて聞くことで自社の課題解決のヒントにつながるのではないでしょうか。

紹介予定事例(一部抜粋)

テック系スタートアップの目指す世界観をどう伝える?
(事例:株式会社Psychic VR Lab)

テクノロジー系のスタートアップは、自社製品や事業をいかに知ってもらい、共感してもらうかが肝要。広まるまでのスピード感も重視していることもあり、ブランディングは必須とも言えます。

XR業界でもユニークなビジネスを展開するPsychic VR Lab(サイキックVRラボ)。ファッション/アート/カルチャー/音楽などのライフスタイルに特化したXRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を活用した事業を推進しています。今回は、「STYLY」を通じてユーザーがXR世界を体験できるサービス、「ULTRA TOUR」のブランドサイト構築について、ポイントを解説します。

#テック企業 #スタートアップ #XR #新領域のブランドコミュニケーション

変わりゆく社会の中で業界イメージをどう刷新していくか?
(事例:株式会社ASNOVA)

社会の変化が速まるなか、既存のやり方では若い世代へ魅力が伝わらない業界や、先行きに不安を感じる業界も出てきています。「業界全体が変わっていかなくてはならない」という風潮のもとでは、企業単体の変革だけでなく、いかに業界自体のブランドイメージを刷新していけるかが重要なポイントです。

足場レンタル業界に身を置くASNOVAのコーポレートサイトやメディアサイト構築といったWebサイトを切り口に、個別企業の視点にとどまらない、広域なブランディングアプローチについてポイントを解説します。

#足場業界のイメージを変える #老舗業界のリブランディング

大学のブランドコミュニケーションで大切なこととは?
(事例:沖縄大学)

少子化が進み、試験方法も変わるなど状況が目まぐるしく変化している「大学」。今まで以上に、自らの大学らしさや魅力をどう発信するかが問われています。

大学のWebサイト構築について数多くの実績をもつロフトワークですが、昨年度公開した沖縄大学を取り上げながら、大学のブランドコミュニケーションにおいて重要なポイントを解説します。

#大学ブランディング #CI/VI

実はロフトワークへのご相談は、この時期オススメです。

多くのプロジェクトが3月末で納品を迎えるため、いまの時期は比較的じっくりとみなさんの課題感に寄り添い、プロジェクトデザインの提案ができます。(もちろん、繁忙期もひとつずつ大切にプロジェクト提案しています!)
今年度から計画を動かしたいと考えている方も、要件が固まりきれていない段階のご相談も、大歓迎です。個別相談の機会もご用意しています。ご希望の方は、お申し込みの際に「個別相談を希望」にチェックしてください。別途担当より日程調整のご連絡を差し上げます。

また、多くの事例を俯瞰的にご紹介するため、「気になっているけれど、ロフトワークがどんな仕事をするのか知りたい」という方にもオススメのセミナーです。みなさまのご参加をお待ちしています。

Program

15:00-15:30

Webサイトを活用した、ブランドコミュニケーション事例の解説
株式会社ロフトワーク クリエイティブDiv シニアディレクター 北尾 一真
株式会社ロフトワーク マーケティングリーダー 岩沢 エリ

15:30-16:00

質疑応答/公開相談会
株式会社ロフトワーク クリエイティブDiv シニアディレクター 北尾 一真
株式会社ロフトワーク 取締役・京都ブランチ事業責任者 寺井 翔茉
株式会社ロフトワーク マーケティングリーダー 岩沢 エリ

別日調整
個別相談会
ご希望の方は、お申し込みの際に「個別相談を希望」にチェックしてください。別途担当より日程調整のご連絡を差し上げます。

Outline

開催日
2022年5月31日 15:00-16:00
参加費
無料
配信
Zoom
対象
・今年度からブランドコミュニケーションのためのWeb構築やリニューアルを検討中の方
・マーケティングや広報、ブランドマネージャー
・デジタルコミュニケーション戦略担当 など
主催
株式会社ロフトワーク

ご注意

  • 当選者の方には、開催前日までに参加URLをご登録いただいたメールアドレス宛にお送りします。
  • 参加者の皆さんの写真や議論の内容は後日loftwork.comに掲載する場合があります
  • プログラムは、予告なく変更される場合があります。

Speaker

北尾 一真

株式会社ロフトワーク, クリエイティブDiv. シニアディレクター

北尾 一真

大阪生まれ。2015年よりロフトワークに在籍し、イラスト制作からブランディングまで、折込チラシからWebサイトまで、リサーチからプロデュースまで、多種多様な領域のプロジェクトを担当。ジャンル、領域、場所、方法にこだわらず、最適なプロジェクトデザインの提案をするのが得意。前職は養蜂場。苦手なことは片付けること。

寺井 翔茉

株式会社ロフトワーク, 取締役・京都ブランチ事業責任者

寺井 翔茉

2008年立命館大学経済学部卒、ロフトワークへ新卒入社。石垣島の魅力を世界のクリエイターと再発見する「USIO Design Project / ISHIGAKI NOW」や、大学Webサイトの存在意義を問い直すことをテーマにした立教大学公式Webサイトのリニューアル、100年先に向けた100のプロジェクトを生みだす実験区「100BANCH」の立ち上げなど、幅広い分野のプロジェクトマネジメントとクリエイティブディレクションを担当。
素材とクリエイティブの出会いで新しいビジネスを生む「MTRL KYOTO」、テクノロジーとクリエイティブが交差する場「FabCafe Kyoto」を含めた「Loftwork Kyoto Branch」の事業責任者に2017年より就任。

岩沢 エリ

株式会社ロフトワーク, Culture Executive/マーケティング リーダー

岩沢 エリ

2015年入社。マーケティングのコミュニケーション担当として、イベントの企画・設計を通じたロフトワークとクライアントとの最初の接点づくりを担う。
これまで培ってきた、インタビューを主体としたマーケティングリサーチの経験と、新規事業担当としてシェアオフィスや就業支援学校の立上げ・運営など、様々な場づくりを経験してきたことから、プロジェクトのマーケティング戦略設計支援も行う。人の関係が変わる場づくりと普通の中に眠る個性を引き出すことに関心をもちながら活動中。

Related Event