EVENT オンライン

もしも、XRやってと言われたらどうする?会議
ー XR、メタバースとの効果的な付き合いかた

Finished イベント終了

本イベントは、XRをつかってみたいがよくわからない人に向けて、XRというメディアの特性や事例紹介、効果的な活用方法のアイデアを共有するオンラインセミナーです。

Date
2022-09-08 (Thu)
Time
17:00-18:30
Place
Zoom
fee
無料

Finished

本イベントは、XRをつかってみたいがよくわからない人に向けて、XRというメディアの特性や事例紹介、効果的な活用方法のアイデアを共有するオンラインセミナーです。

About

新メディアとしてのXR・メタバース。「どう使うか」が重要。

これまで、Web、SNSなど新しいメディアが生まれるたびに、コミュニケーションのあり方が大きくが変わってきました。

XR*は次世代における、メディアです。「XRやってみようか」「うちもメタバース店舗つくる?」などの話を振られた人もいるのではないでしょうか。しかしまだ、XRの持つメディア特性を理解し、効果的に活用する方法を知っている人は少ないようです。

TwitterやTiktokもただアカウントを新設しただけでは、効果的なコミュニケーションは生まれません。それはXRも同様です。メディアの特性やユーザー行動を知り、自身の目的やリソースと照らし合わせながら、最適なユーザー体験を描くこと。他のWebやSNSのタッチポイントも含めたコミュニケーションプランを描くことが求められるのです。

*XRとは、VR(人工現実感)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)などの現実世界と仮想世界とを組み合わせて新たな体験を提供する技術の総称

もしも「うちでもXRやってみよう」と言われたらどうする?会議、やります。

そこで今回、XRをつかってみたいがよくわからない人に向けて、XRというメディアの特性や事例紹介、効果的な活用方法のアイデアを共有するイベントを開催します。

前半は、新メディアとしてのXR・メタバースの特性や事例と合わせて、XRを活用したコミュニケーション設計を後押しする、XRコミュニティ「NEWVIEW(ニュービュー)」やXRプランナー、プロデューサーのための学びのコミュニティ「NEWVIEW BIZ」も紹介予定。

後半は、「もしも、XRやってと言われたらどうする?会議」と題して、参加者からの事前質問に対して、XRの活用可能性やアイデアを考えるトークセッションを予定しています。

株式会社Psychic VR Labとは?

VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム『STYLY』の運営、MRの研究開発を行うベンチャー企業。「すべてのクリエーターがVR空間をつくれる世界の創造」をミッションに、アートやファッション、ライフスタイルなどに関わるインターフェイスのVR化を推進する。PARCOやKDDIなど企業支援実績多数。

NEWVIEW Projectとは?

NEWVIEW」は、ファッションや音楽、映像、グラフィックなど、現代のカルチャーを体現する人々が集まり、新しいクリエイティブ表現と体験をデザインしていく実験的プロジェクト/コミュニティ。株式会社Psychic VR Lab・株式会社ロフトワーク・株式会社パルコによる共同プロジェクトです。

NEWVIEW BIZとは?

XR体験のプランニング・プロデュースナレッジをシェアするXRプロデューサー/プランナーのためのラーニング・プログラム/コミュニティ。

関連ニュース:XRプロデューサー/プランナーのためのラーニング・プログラム/コミュニティ「NEWVIEW BIZ」2022年9月スタート

Program

17:00-17:05
Introduction
株式会社ロフトワーク マーケティングリーダー / Culture Executive 岩沢 エリ
17:05-17:25
新メディアとしてのXR・メタバースとは?
XRプランナー、プロデューサーのための学びのコミュニティ「NEWVIEW BIZ」紹介
株式会社Psychic VR Lab プロデューサー / プロジェクトマネジャー 浅見 和彦
17:25-17:40
XRクリエイティブコミュニティ「NEWVIEW」から生まれた
XR・メタバースの事例と今後の可能性
株式会社ロフトワーク シニアディレクター 原 亮介
17:40-18:30
アイディエーション: もしも、XRやってと言われたらどうする?会議
株式会社Psychic VR Lab プロデューサー / プロジェクトマネジャー 浅見 和彦
株式会社ロフトワーク シニアディレクター 原 亮介
株式会社ロフトワーク マーケティングリーダー / Culture Executive 岩沢 エリ

Outline

開催日
2022年9月8日(木)17:00-18:30
参加費
無料
配 信
Zoom
対 象
  • XRを活用したいが、何から⼿をつければいいかわからないビジネスパーソン
  • クライアントワークでXRを活用したいと考える広告代理店や制作会社のプロデューサー/プランナー/マーケター
  • 自社でコンテンツを保有しておりXRを活用したいと考えるプロデューサー/プランナー/マーケター
共 催
株式会社ロフトワーク、株式会社Psychic VR Lab
ご注意 
  • 開催前日までに参加URLをご登録いただいたメールアドレス宛にお送りします。
  • 参加者の皆さんの写真や議論の内容は後日loftwork.comに掲載する場合があります
  • プログラムは、予告なく変更される場合があります。

Speaker

浅見 和彦

株式会社Psychic VR Lab, プロデューサー

浅見 和彦

音楽、インテリアなど様々な業界を経て2014年に株式会社ロフトワーク入社。シニアプロデューサーとしてサービスデザインや、ブランディング、街づくり、Webサイト制作など様々なプロジェクトを担当。2018年にPsychic VR Lab/PARCO/ロフトワークの3社による共同プロジェクト「NEWVIEW Project」の立ち上げに参画。2021年にPsychic VR Labに入社し、NEWVIEW Projectの運営やSTYLYを活用したサービス開発、受託プロジェクトのプロデュースやプロジェクトマネジメントなどを担当。

原 亮介

株式会社ロフトワーク, クリエイティブDiv. シニアディレクター

原 亮介

関西のファッション/カルチャーマガジン編集長、ロボットテクノロジー関連ベンチャー、戦略PRコンサル会社を経て、2014年6月よりロフトワーク所属。マーケティング視点を軸に、クリエイティブな価値創出〜価値浸透まで幅広いプロジェクトを手がける。“ヒトを動かす”と“ユースカルチャー”が生涯の学習テーマ。

岩沢 エリ

株式会社ロフトワーク, Culture Executive/マーケティング リーダー

岩沢 エリ

2015年入社。マーケティングのコミュニケーション担当として、イベントの企画・設計を通じたロフトワークとクライアントとの最初の接点づくりを担う。
これまで培ってきた、インタビューを主体としたマーケティングリサーチの経験と、新規事業担当としてシェアオフィスや就業支援学校の立上げ・運営など、様々な場づくりを経験してきたことから、プロジェクトのマーケティング戦略設計支援も行う。人の関係が変わる場づくりと普通の中に眠る個性を引き出すことに関心をもちながら活動中。

Finished

Related Event