5月24日(金)に開催されるMT東京主催「初心者向け ユーザーに伝わるウェブデザイン」にロフトワーククリエイティブディレクター村岡麻子が登壇します。スマートフォンの普及により、人々がインターネットを通じて得られる情報はますます増えている昨今。また、PCのみならず、スマートフォンやタブレットなど、複数のデバイスが普及する中で、ウェブデザインはどうあるべきかについて語ります。

クリエイティブディレクター 村岡 麻子

多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。横浜出身。幼少期に渡米した際の言語体験(言葉の壁)から他者に情報を伝える手段としての図版や文字に興味を持つ。大学ではタイポグラフィ・VI・広告・映像を中心に学び、卒業後はグラフィックデザイナー兼Webデザイナーとして制作会社に勤務。プロジェクトの根幹から関わりたい欲を抑えきれずロフトワークへ入社。プライベートでは言葉が伝播していく流れを独自に表現すべく現代美術作家として活動中。国内外で発表を続けている(作家名は秘密)。コーヒー、お茶が好き。

イベント詳細

開催日時
2019年5月24日(金) 19:15 – 22:00
タイムライン

19:15-19:30 受付・案内
19:30-20:00ノマドワークをしながら世界一周したウェブデザイナー 木村 康子さん
———————————————————————————————-
2009年4月、横浜のWEB制作会社に入社。WEBデザイン、フロントエンド、MovableTypeのオーサリングなどオールラウンダーなWEBデザイナーとして従事、2016年3月に退職。その後は2年半かけて世界一周に出かけた先でフリーランスとしてデビュー。ノマドワーカーとして旅の資金の追加調達に成功。帰国後もそのままフリーランスWEBデザイナーとして横浜を拠点に活動中。
今回のイベントのタイトルビジュアルも担当。
———————————————————————————————-
20:00-20:10 休憩・切替
20:10-21:00 グラフィックデザイナーになるつもりが何の因果かウェブデザイナー 村岡 麻子さん
———————————————————————————————-
多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。横浜出身。幼少期に渡米した際の言語体験(言葉の壁)から他者に情報を伝える手段としての図版や文字に興味を持つ。大学ではタイポグラフィ・VI・広告・映像を中心に学び、卒業後はグラフィックデザイナー兼Webデザイナーとして制作会社に勤務。プロジェクトの根幹から関わりたい欲を抑えきれずロフトワークへ入社。
———————————————————————————————-
21:00-22:00 懇親会
22:00-22:10 片付け・撤収

会場
Loftwork COOOP10
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目22−7 道玄坂ピア10F
参加費
1000円(会場払い)

イベントのお申し込みは以下から(外部サイトへ移動します)

【MT東京−58】初心者向け ユーザーに伝わるウェブデザイン

Next Contents

鈴与鈴木社長×Takram田川氏×林千晶
「“空間”と“地域”から紐解くこれからの働き方とデザイン」

お困りですか?