雑誌『商店建築』大特集/オフィス 離散時代の働く環境はこうなる(2020年11月号)に、ロフトワークが支援した鈴与本社リニューアルプロジェクトの紹介と、当プロジェクトのディレクション、プロジェクトマネジメントを担当したLayout Unit 高橋 卓(たかはし すぐる)のインタビューが掲載されました。

鈴与本社 リニューアルプロジェクトについて

2018年5月より、鈴与株式会社とロフトワークは共同プロジェクトとして鈴与本社オフィス改革プロジェクトに取り組み、本社5階の講堂空間リニューアルと別館オフィス新築計画を実施。安心して挑戦できる本拠地「HOME GROUND」をコンセプトに、働く環境を⼤胆に変え、働く人の⾏動や思考さえも変える、社員が誇りに思えるオフィス空間を目指しました。

建築監修・内装設計を、後藤周平建築設計事務所、木材コーディネーション・家具製作を飛騨の森でクマは踊る、サインデザインをhokkyok、カーテンデザインをStudio Akane Moriyamaが担当しました。

Next Contents

阿寒湖のアイヌ伝統工芸の作り手たちによる、新たな挑戦
コラボレーションを経て生まれた5商品を発表!

お困りですか?