撮影:江森康之

ロフトワークとFabCafe Globalが主催・運営するグローバルアワード「YouFab Global Creative Awards (以下、YouFab)」。2018年から務めてきた審査委員長の任を今回で終えた若林恵氏と、同年からYouFabのディレクターを勤めているロフトワーク石塚千晃のインタビューがカルチャーニュースサイト「CINRA.NET」に掲載されています。

「Contactless(by default)=非接触」をテーマに募集し、先日結果が発表されたばかりのYouFab2020 の受賞作品の解説のほか、新しい民主主義とFabの現在地など読み応えのある内容です。ぜひご一読ください。

石塚千晃/クリエイティブディレクター

2015年にIAMAS卒業後、産学連携のプロジェクトマネジメントを経て2016年12月よりBCLのGeorg Tremmelに誘われてBioClubに参加。同12月に、ロフトワークに参加し、クリエイティブディレクターとして空間系、アワード系の案件を担当しながら、メディアアートやバイオアート、ハッカースペース、サイエンスアカデミック、テック系企業やベンチャーなど様々なコミュニティとの接点を構築。テクノロジーにおけるオープンな議論と実験の場を育てている。美大在籍中から、生物と人間との関係性や歴史をテーマに作品制作も続けている。

Profile

Next Contents

XRグローバルコンテンツアワード第5弾
「NEWVIEW AWARDS 2022」の公募がスタート