アートをつくる人、受け取る人、お互いが一緒になってアートを楽しむ視点を増やす

ロフトワークがプロジェクト推進サポートを行うアートメディア「ARToVILLA(アートヴィラ)」が公開されました。
大丸松坂屋百貨店が運営する「ARToVILLA(アートヴィラ)」は、アートとアートを買うことの魅力をお届けするメディア。日常に紐づいた独自の視点から、アートを手に入れることの面白さを届けます。

ARToVILLA(アートヴィラ) WEB サイト  

https://artovilla.jp/

ARToVILLAのコンセプト

「アートをつくる人、受け取る人、お互いが一緒になってアートを楽しむ視点を増やす」がコンセプト。

アートヴィラは、それぞれの生き方のなかでアートの扉をひらき、カルチャーシーンで活躍される「#DOORS」のみなさんと一緒に、アート所有の敷居を下げるコンテンツをオンラインと店頭で発信し、アート所有までの体験を届けるプロジェクトです。アートを「見る人」は増えてきましたが、アートを「買う(所有する)人」は、まだ少数という現状を踏まえ、日常に紐づいた独自の切り口でアートを買うことを日常化し、アートのある豊かな生活を定着させることを狙いとしています。

ARToVILLAの特徴

WEB サイトでは展示会情報や特集テーマに基づいた各種コンテンツ、HOW TO 系の連載コンテンツなどを展開するほか、アート業界だけではなく、様々なカルチャーとの接点をつくり、アートを楽しめる入口を増やします。また、実際に購入できる展覧会を開催し、アートを手にする素敵な体験までを支援します。

さらに、アートを楽しむ視点を増やしていくために、さまざまな場所でそれぞれの生き方をしている「DOORS」の皆さんとコラボレート。キュレーターやコレクターや異業種のクリエイターらとともに、様々な切り口でアート所有までの敷居を下げるコンテンツを提供し、アートのあるくらしを提案します。

運営・プロジェクト推進企業

運営

株式会社 大丸松坂屋百貨店

プロジェクト推進企業

プロジェクト推進サポート      株式会社ロフトワーク
ロゴデザインメインビジュアル    株式会社キギ
メディア編集サポート        株式会社ミーアンドユー

Next Contents

VR・ARの体験をアートに。
あたらしい表現の学校「NEWVIEW SCHOOL」JAPAN第4期
オンライン受講エントリーを開始