ロフトワーク 取締役 COO、FabCafe Nagoya 代表取締役を務める矢橋友宏が、アジャイルな経営を支援する予算管理プラットフォーム「Manageboard」のセミナーに登壇します。

「Manageboard」は、クラウド上に事業全体の予算管理フローをノーコードで実現できるサービスで、セミナーでは活用術についてのパネルディスカッションを行います。

Manageboardのユーザー事例を知りたい方、予算管理・経営管理に関心のある方におすすめのイベントです。

イベント詳細

  • 日時:9月8日(木)14:00~15:00
  • 開催方法:オンライン(Zoomウェビナー形式)
  • 登壇者:
    • 株式会社ロフトワーク 取締役COO 矢橋友宏
    • 株式会社ナレッジラボ 取締役COO 門出祐介
  • 主催:株式会社ナレッジラボ
  • 詳細・申し込み:https://service.manageboard.jp/seminar/20220908/

登壇者

矢橋 友宏 (株式会社ロフトワーク 取締役 COO、株式会社FabCafe Nagoya 代表取締役)

岐阜県大垣市出身。1989年名古屋工業大学 電気情報工学科 電子工学専攻を卒業し、株式会社リクルート入社。名古屋と大阪で、通信事業の法人向け営業・企画を行う。1998年に東京に異動、リクルート初のポータルサイト「ISIZE」の立上げメンバーに加わる。その後、Webとメールを活用したコミュニケーションサービスの新規事業にジョイン。コミュニケーションプランニングや事業戦略の立案を担う。

2006年にリクルートを退職し、創業6年目、人員数10数名のロフトワークに合流。マーケティング、プロデュース部門の立上げや、社内システム、人事、労務、経理などの経営環境の整備を行う。

2020年にロフトワークと岐阜県のOKB総研との合弁で株式会社FabCafe Nagoyaを立上げ代表取締役に就任。東海エリアの様々な組織をデザインの力でアップデートする活動を始動している。

Next Contents

複雑化する社会課題を、みんなで解決するために。
AWRDのビジネスページをリニューアルしました