ロフトワークと、日本を代表するアート・キュレーターである南條史生率いるエヌ・アンド・エーの合同事業である「NINE LLP」が、Webサイトを公開しました。

Webサイトでは、NINE LLPの概要や、共同発起人からのメッセージを掲載。イベント情報、ニュースなどの発信や、これまでにNINEが関わったプロジェクトもご紹介しています。ぜひご覧ください。

NINE LLP Webサイト

https://nnnnnnnnn.com/

NINE LLPの特徴

アートの世界におけるプラクティカル&サステナブルな実行者を目指すNINE LLP。

多様化・複合化するアートプロジェクトにおいてキュレーターが描くアイデアとビジョンを現実世界に展開し、それを美しく開花させるための先進的なマネジメントの仕組みを提供します。

事業領域

これからのアートプロジェクトすべてがサステナブルで有り続けるために、キュレーターをはじめ多くのステークホルダーと協同し、その輪を広げていきます。

  1. 芸術祭から企業のアート事業までアートプロジェクトを支援
  2. ビジョンと経験を共有し手法の体系化を試みるコミュニティ
  3. 体系的な手法に通じたマネジメント人材を育成

アート特有の要件に対応するメソッドとツール

ロフトワークは、クリエイティブ業界の中でいち早く世界標準のプロジェクトマネジメントの知識体系「PMBOK®(ピンボック)」を導入してきました。NINEにおいても、プロジェクト管理に関するノウハウや手法を体系的にまとめたPMBOK®(ピンボック)を基盤に、アートプロジェクト特有のパラメータを加味したプロセスとメソッド&ツールを用いて、膨大多岐に渡る業務を遂行します。

NINE有限責任事業組合(NINE LLP)について

NINE LLPは、南條史生氏率いるエヌ・アンド・エー株式会社と、株式会社ロフトワークの合同事業として組織、運営されています。9のnが集まり’NINE’と呼びます。「n’」「’nano」でありごくごく小さく、あるいは不定的な数字を表し、「n次元」に表されるように定まらない、数値を表します。一方、ヒンドゥー教や仏教ではn(吽)は宇宙を「閉じる」文字であり智慧の音でした。
NINE LLPは、アートプロジェクトにおいてキュレーターが描くアイデアとビジョンを現実世界に展開し、それを美しく開花させるための先進的なマネジメントの仕組みを目指します。NINEはアート世界におけるプラクティカルな実行者を目指します。
https://nnnnnnnnn.com/

Next Contents

「ものづくり」エリアである燕三条の企業を対象とした、
デザイン経営伴走支援プログラム「DM Factory」の参加企業の募集を開始