MTRL/FabCafe Kyotoプロデューサーの木下浩佑と、クリエイティブディレクターの圓城史也が、「Semba Ethical Design Week 関西2023」に登壇します。

「Semba Ethical Design Week」は、商業施設をはじめオフィスや教育施設等の様々な空間づくりでサポートを行う株式会社 船場が、エシカルな取り組みを発信し、社外にエシカルな仲間を増やすことを目的にしたイベントです。

木下と圓城は、2/28(火)に行われる、業界の枠を超え、エシカルな活動を牽引するゲストを招いたトークセミナーに登壇。「共創プロジェクトのはじめかた」というテーマで、セミナー前半は木下が共創プロジェクトの魅力や、プロセスについての事例を話します。後半は、船場のプロジェクトメンバーと共に、圓城が進行中のプロジェクトを紹介する予定です。

「Semba Ethical Design Week 関西2023」詳細

開催日: 2023年2月28日(火)~3月2日(木)

開催場所: 船場 関西支店(大阪市中央区本町2-5-7 メットライフ本町スクエア 17F)

詳細&申し込みhttps://www.semba1008.co.jp/ja/release/press/press-20230201.html

木下と圓城が登壇するトークセミナー<共創プロジェクトのはじめかた>の日時は下記となります。

2/28(火)セミナー/17:00~18:00  懇親会/18:15~20:00 予定

登壇者

木下 浩佑(MTRL / FabCafe Kyoto マーケティング & プロデュース)

素材を起点にものづくり企業の共創とイノベーションを支援する「MTRL(マテリアル)」と、テクノロジーとクリエイションをキーワードに多様なクリエイター・研究者・企業が集うコミュニティ拠点「FabCafe Kyoto」に立ち上げから参画。オンライン/オフラインのワークショップ運営や展示企画のプロデュースなどを通じて「化学反応が起きる場づくり」「異分野の物事を接続させるコンテクスト設計」を実践中。 →プロフィール

 

クリエイティブディレクター 圓城史也

京都芸術大学プロダクトデザイン学科卒業。在学時に始めたアート×仏教フェス「十夜祭」をきっかけに、卒業後は株式会社jijiを立ち上げ、寺社でのプロダクト提案やイベント企画を手掛ける。ロフトワーク入社後は、企業や大学のWebサイト制作、企業のプロモーションイベントの企画運営、新規プロダクト開発のためのリサーチや、商業施設の空間ディレクションなど幅広いプロジェクトに携わる。
Profileページへ

Keywords

Next Contents

ロフトワークが運営を担う、富士フイルムビジネスイノベーションの体験型展示施設
「Green Park FLOOP (グリーン パーク フループ)」が
横浜・みなとみらいにオープン