クリエイターとともに、その土地の歴史文化、産業、自然と向き合い、地域の価値を育てていく「SHIGOTABI」が、今年も始動しました!外部のクリエイター視点を通じて、富士吉田市に眠っている魅力を発掘。観光の活性化や関係人口の増加を促す試みを行います。

ロフトワークが、FabCafeと株式会社DOSOとともに企画運営している「SHIGOTABI -シゴタビ-」(山梨県富士吉田市主催)は、2023年のプログラムを公開しました。

「SHIGOTABI」は、さまざまな領域で活動するクリエイターとともに、地域に根付く歴史文化や産業、自然と向き合い、新たな視点で捉えなおすことで、地域の価値を育てていくプロジェクトです。

2020年に山梨県富士吉田市のワーケーションプログラムとしてスタート。新型コロナウイルスの影響による観光消費の減少を背景に、これまでの富士吉田の観光のあり方を捉え直し、ユニークなクリエイターとともにワークショップやイベントなど、体験型のプログラムを開催してきました。

富士吉田市の魅力を体験し、暮らしや働く場所の第二拠点や移住先として関心を持ってもらうことで、一過性の観光を超えた継続的な交流を促し、地域の関係・交流人口の拡大に寄与してきました。2021年より、クリエイターとのコラボレーションを開始。外部のクリエイター視点を通じて富士吉田市に眠っている魅力を発掘し、ツアーの開催を通じて可視化、観光の活性化や関係人口の増加を促し、持続可能な地域の未来に繋げていく試みを行なっています。

そして、4年目を迎える今年は、7月22日(土)、9月30日(土)、11月25日(土)に、クリエイターとともに富士吉田の魅力を発掘するツアーを行います。

SHIGOTABI 2023 プログラム

ツアー開催日:2023年7月22日(土)、9月30日(土)、11月25日(土)    

詳細&お申し込み :「SHIGOTABI」Webサイト  https://shigotabi.com/ 
(現在は7月22日分の情報のみ公開。その他の詳細は後日発表します)

クリエイターとともに地域の価値を育てる

東京都心から自動車で約1時間30分、電車で約2時間というアクセスしやすい立地でありながら、富士山の雄大な自然環境と豊かな水源に恵まれた町、富士吉田市。日本屈指の織物産地として1,000年以上の歴史を持ち、現在は各工場がオリジナルのブランドを発信しているテキスタイルの町であるこの地には、近年クリエイターの移住者も増えています。

“はじめてきたのに、なぜかなつかしい”、豊かな感性をもつ人々に愛される富士吉田を舞台にしたSHIGOTABIツアーは、多種多様なクリエイターが、富士吉田での人との対話やまちを巡って感じたことを元に企画されています。参加者は、クリエイターとともに滞在し、富士吉田の魅力を感じながら、これからの働き方、暮らし方を考えるきっかけとなる時間を持つことができます。

参加クリエイターについて

今年は、短歌制作ワークショップを毎年企画している歌人の伊藤紺さんはじめ、富士山の森に魅了されて富士吉田に移住し2023年に立ち上ったボタニカルブランド「noi」、世界中に多くのファンをもつ注目のイラストレーターであるマテウス・ウルバノヴィッチさんなど、多種多様なジャンルで活躍するクリエイターとともに、富士吉田の魅力的な歴史文化・産業・自然に向き合い、独自の視点で巡っていきます。

伊藤紺
(歌人)
のらもじ
(のらもじ発見プロジェクト)
村田美沙
(植物療法士、アーティスト)
マテウス・ウルバノヴィチ
(イラストレーター)
noi
(ボタニカルブランド)
小瀬古文庫
(擬態デザイナー/出版家)
野田沙織
(Atelier Bond, 木工作家)
for Cities
(アーバニスト)

SHIGOTABIについて

「SHIGOTABI(シゴタビ)」は、「考える人の、旅。」をコンセプトに、山梨県富士吉田市、株式会社DOSO、ロフトワーク、FabCafeが共同で取り組む地域の可能性を発掘する探求型プログラムです。

さまざまな領域で活動するクリエイターとともに、その地域に根付く歴史文化や産業、自然と向き合い、新たな視点で捉えなおすことで、地域の価値を育てていく。本来その地域に眠っている魅力を発掘し、可視化することで、観光の活性化や関係人口の増加を促し、持続可能な未来に繋げていく。それらを実現するために発掘・記録・発信を繰り返し、地域を通じて、新たな循環を生み出していくことを目指しています。https://shigotabi.com/

富士吉田市について

山梨県富士吉田市は、富士山の麓、標高約750mにある高原都市です。東京都心から自動車で約1時間30分、電車で約2時間というアクセスしやすい立地でありながら、富士山の雄大な自然環境と豊かな水源に恵まれています。

古くから富士山信仰の町として栄え、参詣者を案内しもてなす御師(おし)文化の面影が今も残されています。さらに、日本屈指の織物産地として1,000年以上の歴史を持ち、現在は各工場がオリジナルのブランドを発信しているテキスタイルの町でもあります。富士吉田市では、富士山の恵みを守り後世に残していくため、さまざまな街づくりに取り組んでいます。

富士吉田には、二拠点居住や移住をして活動するクリエイターが年々増えています。SHIGOTABIを通じてクリエイターたちの活動に触れることで、新たな創作への刺激や気づきを得ることができます。そうして浮かんできたアイデアを、街に眠っている空き家を活用して試してみる。そんな余白が残っているのも、富士吉田の魅力です。

主催・運営など

主催
山梨県富士吉田市

企画・プロジェクト推進
株式会社ロフトワーク
株式会社DOSO(SARUYA HOSTEL・FabCafe Fuji)
FabCafe

Keywords

Next Contents

宮崎県延岡市で開催する映像クリエイター向けのレジデンスプログラム
「Connect & Create NOBEOKA 2024」の公募を開始