会員制交流スペース(Syn-SALON)(提供:グラングリーン大阪開発事業者)

「JAM BASE(ジャムベース)」は、グラングリーン大阪開発事業者が、JR大阪駅前で開発を進めるうめきた2期地区開発事業「グラングリーン大阪(GRAND GREEN OSAKA)」として、2024年9月に開業予定です。ロフトワークは、「グラングリーン大阪」の中核機能施設となる「JAM BASE」のビジュアルアイデンティティを担当しました。

 

「JAM BASE」施設ロゴ

「JAM BASE」について

「JAM BASE」は、多様な人々が集い交わることで、アイデアやイノベーションが生まれることを目指す、「グラングリーン大阪」の中核を担う施設の総称です。「まざまざ と さまざま が まざるさま」をコンセプトに、北街区賃貸棟1~9階を中心として、まち全体にさまざまな施設を配置します。駅前かつ、うめきた公園との一体開発という利点を生かし、多くの人々が交われるよう、あえてさまざまな用途・機能を“ごちゃごちゃ”に混ぜ合わせ、一体感(つながり)を感じられるような施設配置や空間構成としていることが特長です。

本施設では、大阪の玄関口という梅田の持つ利便性と大きなブランド力、広大なうめきた公園との一体開発という利点を生かし、学生や起業家をはじめ、中小企業からグローバルカンパニー、大学・研究機関、ベンチャーキャピタル、うめきた周辺のローカルコミュニティといったさまざまなプレイヤーが集い、新たなアイデアを形にし、社会実装・現実化への挑戦を行うことを支援することで、世界へ通じるゲート的役割を果たしていきます。よりよい未来社会を共創するため、「JAM BASE」を起点に、さまざまなプロジェクトや企業、人材が世界に向けて羽ばたいていくことを目指します。

施設名称・ロゴマークについて

施設名称

「JAM BASE」には、音楽の即興演奏を“JAMMING”と表すことから、本施設で巻き起こる独自の共創(コ・クリエーション)が、即興で音楽を作るように楽しくエキサイティングなものとなってほしいとの思いが込められています。また「BASE」は、この場所で働き、訪れる人にとって「基地」のような存在となり、グローバル・ローカルすべての人々にとって、何度でも訪れ、いつでも帰ってこられる親しみのある場所となるように願い名づけました。

ロゴマーク

施設のロゴデザインは、制作パートナーとしてクリエイターズクラブ「NEW」を迎えました。「ごちゃごちゃ」「未完成」「ダイナミック」といったキーワードから、「JAM BASE」が施設に集うさまざまな人々と共に成長・変化していくさまをダイナミックアイデンティティ(可変的なロゴビジュアル)に落とし込みました。樹木を建築物の基礎として増設を繰り返すツリーハウスの着想を活かして、使用するシーンや媒体によってパーツの構成を自由に改変できる、新しい形のロゴデザインです。 

Designer / 坂本俊太(NEW)
Director / 山田十維(NEW)、溝口周太

Keywords

Next Contents

仮想世界と物理世界が溶け合う、新たなアプローチが世界から集結。
「GEMINI Laboratory GLOBAL DESIGN AWARDS」が、受賞作品を発表!