EVENT Workshop

最速王者の栄冠は誰の手に?!
第3回CMSプロレス開催レポート

2018年2月17日、第3回CMSプロレス ウェブページ速度改善「最速王者決定戦」を開催しました。

スマートフォンで表示の速いウェブサイトが求められている中、既に公開されているウェブサイトの表示速度を改善するには何が有効かを問うため、リッチなコンテンツの表示速度を極限まで上げてもらうコンテストを企画しました。

3G回線下でのスマートフォンサイトの表示速度を計測できるTest My Siteで勝敗を決するトーナメント戦を実施して、安定的に3秒というスコアを叩き出した合同会社レッドボックス 小川 勝久氏が優勝しました。

受賞者(敬称略)
優勝:小川 勝久(合同会社レッドボックス)- WordPress
準優勝:佐々木 多生(株式会社クロスキューブ)- concrete5
審査員特別賞:菱川 拓郎(コンクリートファイブジャパン株式会社)- concrete5

受賞者に限らず選手全員に言えることですが、ただウェブサイトの表示を爆速にできるということではありません。

既に公開済みのウェブサイトをデザインを変えないまま、更にデジタルカメラで撮ったファイルサイズが1MB程度の画像5枚を更新者が”つい、うっかり”CMSにアップロードしてしまったとしても、3G回線下ですらスマートフォンサイトの表示を爆速にすることができる猛者たちの闘いでした。

第3回CMSプロレス ウェブページ速度改善「最速王者決定戦」

開催日時:2018年2月17日(土)15:00〜20:00
開催場所:loftwork COOOP10
参加者数:51名(+リモート参加2名)

選手(エントリー順、敬称略)
No.1:mtempa(不明)- Hugo
No.2:安藤 大海(株式会社ロフトワーク)- Craft CMS
No.3:大山 武彦(無所属)- concrete5
No.4:小川 勝久(合同会社レッドボックス)- WordPress
No.5:能勢 弘光(アイデアマンズ株式会社MT東京)- Movable Type
No.6:菱川 拓郎(コンクリートファイブジャパン株式会社)- concrete5
No.7:しょごたん(株式会社デジタルアイデンティティ)- Movable Type
No.8:Katz Curry(コンクリートファイブジャパン株式会社)- concrete5
No.9:佐々木 多生(株式会社クロスキューブ)- concrete5

審査員
金谷 武明 氏(グーグル株式会社 シニア・サーチ・エバンジェリスト)
藤田 拓 氏(株式会社ミツエーリンクス 取締役/言問株式会社 代表取締役)
大森 誠 氏(株式会社ロフトワーク テクニカル・ディレクター)

協賛企業(五十音順、敬称略)
CloudGarage(NHN テコラス株式会社)
株式会社蔵守
コンクリートファイブジャパン株式会社
さくらインターネット株式会社
Zenlogic(ファーストサーバ株式会社)
株式会社デジタルアイデンティティ
Visso株式会社
KUSANAGI(プライム・ストラテジー株式会社)

特別協力
津田塾大学

みなさま、本当におつかれさまでした。

 

選手、参加者、関係者のみなさんからのレポートなどが公開されたら、こちらでご紹介いたします。

優勝した合同会社レッドボックス 小川さんの参戦レポート
CDNで表示速度改善!優勝した「第三回 CMSプロレス 表示速度 最速王者決定戦」の主な対策とは?

優勝チーム セコンドのスパイスファクトリー 泰さんの参戦レポート
CMSプロレス ウェブサイト表示速度王決定戦にて、スパイスファクトリー泰がWordPressで挑み優勝しました!

協賛いただいた株式会社蔵守の遠藤さんの挑戦?レポート
強引にKUSANAGIにngx_pagespeedを入れて動かしてみる

協賛いただいたプライム・ストラテジー株式会社様の参加レポート
CMS プロレス Webページ表示最速王者決定戦に参加しました

選手として参加されたアイディアマンズ株式会社 能勢さん参戦レポート
スマホ表示最速王決定戦!CMSプロレスvol.03に参加してきました!

シックス・アパート株式会社 広報ブログ
第3回CMSプロレス「ウェブサイト表示速度 最速王者決定戦」観戦レポートの巻 [ほぼ週刊SA]

川竹 敏晴

Author川竹 敏晴(テクニカルディレクター)

大学卒業後、システム開発会社にエンジニアとして勤務。Java等を用いて大小様々なWeb系システムを開発。その後、Web制作会社にて数多くのCMS導入案件の開発を担当したのち、2011年にロフトワーク入社。主にCMS導入案件の技術的なサポートを担当している。自他共に認めるCMS好きで、日々新しいCMSの研究を行なっている。Sitecore Certified Professional Developer

Profile

開催概要

ウェブエンジニアたちのガチンコ勝負を観戦!

第3回目となる今回のテーマは「表示速度改善」
Test My Site」の計測結果を争うトーナメントを最後まで勝ち上がったものが最速王者の栄冠を掴む!
ウェブサイトの表示速度が重要な指標のひとつになっている。特にスマートフォンでは、どんなに良いコンテンツがあっても表示速度が遅いと閲覧されない可能性が示唆されている。そこで、実際に公開されているウェブサイトの表示速度を、デザインを変えずに、どこまで改善できるかを「Test My Site」の計測結果で競う。
当日、説明に使う資料を事前公開しました。(ルールや、選手情報など記載しています)
2/14更新 : 選手が増えました。
 

今大会のミッション

【名門女子大学の受験生向け特設ページの表示を一秒でも早くする】

今大会のミッションは、100年以上の伝統を持つ名門女子大学・津田塾大学の受験生向け特設ページ。とくに受験生からの閲覧はスマートフォン利用が圧倒的に多く、表示速度の改善は彼女らを通信制限から解き放つために不可避の課題だ。

 

審査員

金谷 武明 氏 グーグル株式会社 シニア・サーチ・エバンジェリスト
 
2009年より日本市場のサーチ・エバンジェリストとしてサーチ・クオリティチームに所属。2007年に Google に入社する以前には、ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE・現ソニー・インタラクティブエンタテインメント) の Web ディレクターであり、プレイステーションやその他のプロダクト・ゲームの販促用 EC サイトを制作していた。
 
藤田 拓 氏 株式会社ミツエーリンクス 取締役/言問株式会社 代表取締役
 
富山県高岡市出身。東京大学在学中にUNIXに触れ、システム系へ。 2004年3月、株式会社ミツエーリンクス入社。 ウェブ標準、ビジネスブログ、CMS、ソーシャルメディア関連の案件に携わる。 2011年7月独立。現在は言問株式会社にてCMS案件をメインに活動。
 
大森 誠 株式会社ロフトワーク テクニカル・ディレクター
 
大学卒業後、システム開発会社にエンジニアとして勤務。VB.net等を用いて大小様々な基幹系システムを開発。ロフトワークに入社後はloftwork.comの開発や、サイト構築におけるシステム面全般を幅広く担当。
 

概要

開催日:2018年2月17日(土)
場所:loftwork COOOP(株式会社ロフトワーク 10階)
参加費:無料
本戦トーナメント:15:00〜18:00
懇親会:18:00〜20:00
 

協賛

(五十音順、敬称略)
 

CMSプロレスとは?

  • エンジニア同士が、同じ仕様のサイトを複数のCMSで構築して競うバトルイベント。毎回異なるテーマでその技をガチンコで競い合う!
  • 第一線のCMSエンジニアの解説つきで観戦できる、エンターテイメント性の高いイベント。
  • ウェブエンジニアの体育祭!

第1回:テーマ「大学サイト」開催レポート
第2回:テーマ「多言語サイト」開催レポート

Related Event

Loftwork magazine