EVENT 京都開催

[京都開催] SHOW CASE vol.1
地場産業の新しいビジネスモデルを考えるオンラインワークの裏側

Finished イベント終了

事例紹介とメンバーとの対話を通じて、プロジェクト設計のポイントを紐解くオフラインイベント「SHOW CASE」。社内外を巻き込んだ共創チームとビジネスモデルをいかに生み出したのか?事例を紹介しながら自走するチームをつくる共創の在り方について皆さんと議論を深めます。

Date
2020-11-26 (Thu)
Time
15:00-16:30 (受付14:45)
Place
FabCafe kyoto/MTRL KYOTO MAP
Capacity
15名
fee
無料

Finished

事例紹介とメンバーとの対話を通じて、プロジェクト設計のポイントを紐解くオフラインイベント「SHOW CASE」。社内外を巻き込んだ共創チームとビジネスモデルをいかに生み出したのか?事例を紹介しながら自走するチームをつくる共創の在り方について皆さんと議論を深めます。

About

少人数制、ディスカッションを通じて、プロジェクトの成功の秘訣を紐解く「SHOW CASE」

「SHOW CASE」は、ロフトワークが支援した具体的な事例を紹介しながらメンバーとの対話を通じて、プロジェクト設計のポイントを紐解くイベントです。オンラインでの一方的なプレゼンテーションではなく、少人数でも深い議論ができる場としてオフライン開催といたします。

単発のアイデアよりも、チームをつくること、人を育てることに重きを。

vol.1のテーマは「自走するチームの作り方」
これまで実施されてきた、ハッカソンを始めとする不特定多数が集まってのオープンコラボレーション。イベント開催時は盛り上がるものの、熱量が一時的なものになってしまい、具体的な成果につながらないケースも多い中、オンラインになることでより難易度が高くなっています。

偶発的な出会いが減る中、部署横断や業種の壁を超えたオープンな場をどうのようにつくっていけばいいのか、遠隔での人材育成やアイディエーション、チームビルディングに課題を感じている方も多いのではないでしょうか。

社内外のメンバーとの共創から新たな価値を生み出し、自走するチームに育てていくには当事者意識を高めながら、予定調和ではないコミュニケーション設計が必要になります。
本イベントでは8月に開催された二日間に渡るオンラインワークショップの事例を紹介しながら、自走するチームをつくる共創の在り方について皆さんと議論を深めます。

紹介事例

京都発!スタートアップを立ち上げる挑戦。フルオンラインでつくる共創チーム
京都のものづくりの現場をオープンにし、新たなモノやコトの創出を目指すDESIGN WEEK KYOTO。全国から集めた多彩なメンバーでチームを作り、伝統工芸をテーマにビジネスモデル創出するためのオンラインワークショップを実施。受賞した3チームは2月に開催予定の投資家プレゼンに向けて事業化に向けた活動を続けています。ビジネスモデルを生み出すための企画・コンセプト設計、コミュニケーション設計、そしてチームビルディングの秘訣をご紹介します。

事例インタビュー:https://loftwork.com/jp/project/dwk_craftthon_talks

こんな方におすすめ

  • 人材育成やチームビルディングに課題を感じているチームリーダー
  • 部署横断のチームや新たなプロジェクトチームを立ち上げたい方
  • オープンコラボレーションを促進したい行政・企業担当者
  • ハッカソンやアイデアソン等のプロジェクトを検討中の方
  • ロフトワークのメンバーに直接質問や相談をしたい方
ざっくばらんにプロジェクトの裏側をご紹介
少人数でのディスカッションの場を設けます

Program

15:00-15:15
イントロダクション/自己紹介
15:15-15:40
ケーススタディ:DESIGN WEEK KYOTO クラフトソン
京都発!スタートアップの立ち上げを目指して。二日間完全オンラインの共創ワークショップの裏側

株式会社ロフトワーク クリエイティブディレクター 堤 大樹
株式会社ロフトワーク FabCafe Kyoto コミュニティマネージャー / MTRL プロデューサー 木下 浩佑
15:40-16:10
質疑応答/グループディスカッション
16:10-16:20
クロージング
株式会社ロフトワーク プロデューサー 小島 和人
16:20〜
個別相談会
ご希望の方は個別のご相談会にご参加いただけます。

Outline

開催日
2020年11月26日(木曜日)15:00-16:30(受付:14:45)
会場
FabCafe kyoto/MTRL KYOTO
京都府京都市下京区本塩竈町554
定員
15名 ※人数多数の場合抽選となります。ご了承ください
参加費
無料
対象
・人材育成やチームビルディングに課題を感じているチームリーダー
・部署横断のチームや新たなプロジェクトチームを立ち上げたい方
・オープンコラボレーションを促進したい行政・企業担当者
主催
株式会社ロフトワーク
ご注意
・申込多数の場合、抽選となる可能性がございます。ご了承ください。
・参加者の皆さんの写真や議論の内容は後日loftwork.comに掲載する場合があります。
・プログラムは、予告なく変更される場合があります。
・ご参加の方は新型コロナウイルス感染症対策にご協力ください。
・本イベントは、広告代理店・Web制作会社など競業にあたる方、フリーランスなど個人でのお申し込みはお断りすることがございますので予めご了承ください。

ACCESS

FabCafe kyoto/MTRL KYOTO

Speaker

堤 大樹

株式会社ロフトワーク, クリエイティブディレクター

堤 大樹

立命館大学法学部卒業後、京都の呉服問屋に入社、4年間営業として京都府内を北から南まで駆け回る。その間Webマガジン「アンテナ」を設立、現在も編集長として「企画・ライティング・編集・運営」の全工程を行う。MTRL KYOTOオープンのプレスリリースがアンテナへ送られてきたことでロフトワークを知り、2016年にロフトワーク入社。
その他音楽イベントの運営に携わる経験などから「0→1」の企画・運営を得意とし、Webや現場にとらわれない人や物を繋げるコミュニティづくりを行う。
好きなことは食べること。一日三回の食事をなによりの楽しみにしている。

木下 浩佑

株式会社ロフトワーク, FabCafe Kyoto コミュニティマネージャー・Fabディレクター / MTRL プロデューサー

木下 浩佑

素材を起点に共創とイノベーションを支援するプラットフォーム「MTRL」と、オープンかつジャンルレスにクリエイター・研究者・企業が集うコミュニティ拠点「FabCafe Kyoto」に立ち上げから参画。カフェであると同時にコワーキングスペースやメイカースペースとしての顔も持つFabCafe Kyotoの運営と年間平均100件を超えるイベント開催を通して「化学反応が起きる場づくり」「異分野の物事を接続させるコンテクスト設計」を実践中。

小島 和人

株式会社ロフトワーク, プロデューサー

小島 和人

専門学校で建築を学びその後、デザイナー、ディレクター、プランナーとして新規ブランド / 店舗 / 商品開発 / PRプランなど広く携わる。
個人では美術作家「ハモニズム」として活動し、ファッション / 植物研究 / 都市菜園などのコラボによりジャンルを越境した作品づくりを行う。

2018年ロフトワークに参画し、新規事業創出や共創空間作り地域産業推進など幅広くプロデュースを担当。2020年からはSFプロトタイピングなどの手法を積極的に取り入れ、先行きが見えない社会の中で企業や団体がこの先で何をすべきか?を提案している。企業人としても作家としても「未来」に対する問いの設計に興味がある。あだ名は「ハモさん」

横山 暁子

株式会社ロフトワーク, マーケティング

横山 暁子

大学卒業後、大手化粧品会社にて10年間営業経職として従事。代理店営業を中心に売上の管理、イベントの設計・運営、販売者育成など多岐にわたる業務を経験。
クリエイティブ、ものづくりにこだわる事業内容と働き方の多様性に惹かれ、2017年ロフトワークに入社。2019年8月より京都オフィスに勤務。営業で培ったビジネス感覚を活かし担当領域を拡大中。

申込多数の場合、抽選となる可能性がございます。ご了承ください。

Finished

Related Event

お困りですか?