EVENT オンライン

Fab Meetup Kyoto & Bangkok
– Rediscover local crafts potential

Finished イベント終了

「つくる」をシェアするミートアップ『Fab Meetup Kyoto』が、FabCafe Bangkok、そして Design Week Kyoto とコラボレーション!今回のオンラインイベントでは、タイのクリエイターたちが手がける最新のデザインを紹介します。まだ日本ではニュースメディアなどにも取り上げられることの少ない2022年の最先端潮流、どうぞお見逃しなく。

Date
2022-02-18 (Fri)
Time
19:00 – 21:00
Place
オンライン
fee
視聴無料

Finished

「つくる」をシェアするミートアップ『Fab Meetup Kyoto』が、FabCafe Bangkok、そして Design Week Kyoto とコラボレーション!今回のオンラインイベントでは、タイのクリエイターたちが手がける最新のデザインを紹介します。まだ日本ではニュースメディアなどにも取り上げられることの少ない2022年の最先端潮流、どうぞお見逃しなく。

About

地域産業を再解釈し、デザインに昇華したタイのクリエイターたちの最新プロダクトを一挙紹介

「つくる」をシェアするミートアップ『Fab Meetup Kyoto』が、FabCafe Bangkok、そして Design Week Kyotoとコラボレーション!今回のオンラインイベントでは、タイのクリエイターが手がける最新のデザインを紹介します。コロナ禍による様々な移動・活動の制約などの影響を受けて、タイのクリエイターたちは「ローカルのポテンシャル」に新しいインスピレーションや独自性を求め、伝統的な素材や技術を再解釈することでユニークなプロダクトを生み出しました。まだ日本ではニュースメディアなどにも取り上げられることの少ない2022年の最先端潮流、どうぞお見逃しなく。

本イベントは、2022年2月に開催される『DESIGN WEEK KYOTO 2022』のサテライトプログラムとして、「地域の文化産業」についての知見やアイデアを交換することを目的に実施されます。

(全編英語にて開催されます。通訳はつきませんので、あらかじめご了承のうえご視聴ください。後日、日本語でのレポート記事も予定しています。)

こんな人におすすめ

  • アジアのフレッシュで実力のあるクリエイターとコラボレーションしたい企業の方
  • 地域産業の価値の新しい伝え方・リデザインに取り組んでいる方
  • 日本でまだ取扱いの少ないデザインプロダクトを青田買いしたい方

登壇者・プロダクト

“Fidular : Modular Fiddle System” by Lamtharn Hantrakul “Yaboi Hanoi”

“Craft to be” by Mr.Chatchai Duangjai

“Ranad 2021 (Thai Alto Xylophone)” by Taylor O Studio

“Color Blind ice cream” by IceDEA x FabCafe Bangkok

“elephant dung brick” by Boonserm Premthada,Bangkok project studio

“Cheap Ass Elites”  by Saran Yen Panya, Co founder 56thStudio

DESIGN WEEK KYOTO 2022

本イベントは、2022年2月13日~20日に開催される「DESIGN WEEK KYOTO 2022」とのサテライトプログラムとして、「地域の文化産業」についての知見やアイデアを交換することを目的に実施されます。

DESIGN WEEK KYOTO
モノづくりの現場を期間限定で公開し、多種多様な交流を促進するOPEN HOUSEのイベント。各エリアで年に1回開催しています。
詳細はこちら>>

Speaker

Kalaya Kovidisith

FabCafe Bangkok , Founder

Kalaya Kovidisith

2014年からFabCafe Bangkokの共同創設者であり、2004年からはThammasat大学建築計画学部の講師を務める。FabCafeのネットワークを使って、様々なステークホルダーで構成された学際的なチームを集めて、新しいソリューションを見つけることを得意としており、MITにおいて建築学とデザイン・計算学の修士号を取得。

北林 功

一般社団法人Design Week Kyoto, 実行委員会 代表理事COS KYOTO株式会社 代表/コーディネーター

北林 功

大阪ガス株式会社(京都)の法人営業、株式会社グロービス(東京)の企業人材育成コンサルタントを経て同志社ビジネススクールで経営学修士(MBA)。
物心ついた頃から「持続可能な地球社会の構築」を人生の根幹に据えて活動。2013年にCOS KYOTO株式会社を設立し、地域に根づく産業をグローバルに発信するため、各種事業のコーディネートに取り組む。
2012年〜2014年には「TEDxKyoto」のディレクターも務めた。
地域における多種多様かつ自由な交流の場が必要と考え、2016年に「DESIGN WEEK KYOTO」を開始した。

ケルシー・スチュワート

株式会社ロフトワーク, Sustainability Executive/FabCafe チーフコミュニティオフィサー(CCO)

ケルシー・スチュワート

アメリカ合衆国出身。フロリダ大学で心理学の学士課程(2009)と宗教学の修士課程(2015)を修了。 バリスタとエスプレッソトレーナーとして2008年からスペシャリティコーヒーの世界に没頭し、FabCafeオープン間もない2012年に、コーヒー繋がりの友人の紹介によってFabCafeを知る。その後JETプログラム(2014-2017)を通して、福岡県で英語を教えながら日本語を磨き、2017年にLoftworkとFabCafeに入社。

入社以来、バリスタ、カフェアドバイザー、FabCafeグローバルネットワークのコミュニケーションコーディネーター、FabCafe ウェブサイトライター、デザイン思考ワークショップのファシリテーターと幅広く、業務を務める。また、FabCafe CCOとして、FabCafe Global Networkのまとめ役を務め、世界各地のFabCafeのローカルクリエイティブコミュニティの育成と、それらのコミュニティとグローバルネットワークを繋ぐことを行っている。 加えて、持続可能な開発目標の短期的な解決策を作成することを目的とした2日間のデザインソンであるGlobal Goals Jam(GGJ)の東京開催の主催者でもあり、本イベントを過去に東京、バンコク、香港の複数都市で企画・実施した。

Program

19:00-19:10
イントロダクション
本日のイベントの説明
19:10-20:10
クリエイタープレゼンテーション
– 6組のクリエイターによるショートプレゼンテーション(各10分)
– 代表プロダクトの紹介
– 日本の素材や技術で興味があるもの(コラボレーションの可能性を感じるもの)とは?
20:10-20:50
ディスカッション
テーマ:「ローカルから新しいインスピレーション、新しい強みをどう発見し、プロダクト化するか? – 文化産業とデザインの視点から読み解く」
ゲスト :Kalaya Kovidvisith(FabCafe Bangkok), Isao Kitabayashi (Design Week Kyoto)
20:50-21:00
まとめ

Outline

日時
2022.2.18 (金) 19:00 – 21:00
会場
Online
参加費
視聴無料

Youtube Liveにて配信(*本イベントは英語にて進行されます。)

Finished

Related Event