EVENT Report

[アーカイブ配信]
誰かの困難に寄り添うためのプロジェクトの始め方・進め方
〜等身大の課題発見と、ユーザー参加型のデザイン

ダイバーシティ&インクルージョンにつながるプロジェクトのタネは「等身大の課題」にある

今、企業活動におけるキーワードの一つとなっている、タイバーシティ&インクルージョン。その寄与に向けては、組織改革や研修をはじめとする組織の変化や、サービスやプロダクト開発など、さまざまな可能性が考えられます。

しかし、いずれも「数値目標を達成しなければならないから」「社会からの要請があるから」という外的動機だけでは、具体的なプロジェクトの立ち上げや実現にはつながりにくいのが現状です。重要なのは「この課題を解決したい」という「等身大」の課題意識や、目の前のユーザーの困難さに寄り添う姿勢ではないでしょうか。小さく熱く始めることが、結果的にインクルーシブな社会に向けた課題解決につながるのかもしれません。

インクルーシブな課題解決の道筋をユーザーと「ともに」探る

では、「自分ごと」の課題をどうやって発見していくのか。そして、見出した課題の確からしさを検証するために、私たちは「ユーザー」とどのように向き合うべきなのでしょうか。

父親が失読症になってしまったことをきっかけに、「OTON GLASS」を開発された、株式会社オトングラスの島影 圭佑さん。また、「ユーザー参加型」で進めるインクルーシブデザインを提唱している京都大学総合博物館准教授 塩瀬 隆之さんのお二人をゲストとして招へい。

困難を抱えるユーザーと対等な関係として向き合い、彼らと“ともに”プロジェクトを進めていくことで、確実に課題解決やインクルージョンへの寄与につなげる。そんなプロジェクトの描き方を、お二人とともに探りました。

イベントのポイント

島影さんのインプットトークでは、「OTON GLASS」の開発から発展した活動について紹介。次なるフェーズとして、自立共生する弱視者とエンジニアを増やすためのデザインリサーチプロジェクト「FabBiotope」の目的をご紹介いただきました。

塩瀬さんからは、「インクルーシブデザイン」を、誰かの「ために」から「ともに」へと変換する、参加型デザインの方法を解説。新たなプロダクト・サービス開発のヒントにもつながる、「できないこと」をデザイン課題として捉え直す、対等性を目指すためのデザインアプローチをプレゼンいただきました。

ロフトワーク新澤からは、インクルーシブに向けた課題を、担当者や参加者が自分ごと化し、課題解決へと昇華していくための「場の設計」の手法を紹介しています。

またクロストークでは、インクルーシブデザインに基づきながら、実際にプロジェクトを始める・仲間を集める・ユーザーと向き合うために必要なことについて3者でディスカッション。権利問題など、参加者の方々からのリアルな視点での質問も交えながら、熱のあるセッションが展開されました。

参加者からの声

  • 場に集う人たちの多様性のこと、ユーザーとの巻き込み巻き込まれの話、著作権のこと、どれもたいへん気づかされる内容で、とても良い話が聞けました。

  • 多様な人たちと一緒に課題解決をするなかで、各個人の熱量の違いを受容し、受け入れて進めていくという考え方は目から鱗でした。今後の新規事業の進め方として新たな視点が得ることができました。

  • 島影さんがおっしゃっていた、成果物に対する評価だけではなく、そのプロセスやそこから生まれた文化や物語も評価されるべきではないかという考えがとても素敵で、勇気をもらいました。

  • これまでインクルーシブデザインを自己流で進める中で、リードユーザーの選定などについて分からない部分が多かったのですが、今日のご講演にて非常に分かりやすく解説いただき、学びになりました。

イベント開催概要

イベント開催概要

誰かの困難に寄り添うためのプロジェクトの始め方・進め方
〜等身大の課題発見と、ユーザー参加型のデザイン

ダイバーシティやインクルージョンに寄与する新しいプロジェクトは「等身大」の課題意識から始まります。この等身大の課題意識をいかに見つけ、発展させるのか。OTON GLASS 島影 圭佑さん・京都大学准教授 塩瀬 隆之さんとともに、誰かの困難に寄り添うプロジェクトの目指し方を探ります。

開催概要を見る

Related Event