EVENT オンライン

【録画配信】
パーパスつくって、それからどうする?

Join 受付中

本イベントは過去開催したイベントの録画配信です。ページ下部の「Join」ボタンをクリックし、お申込みの上、動画をご視聴ください。

Date
2022-05-26 (Thu) -
2022-08-31 (Wed)
Time
60min
Place
動画(Youtube)
fee
無料

Join

本イベントは過去開催したイベントの録画配信です。ページ下部の「Join」ボタンをクリックし、お申込みの上、動画をご視聴ください。

About

経営層のビジョンを咀嚼し、日々の活動に繋げるには?

気候変動対策、ミレニアム世代やZ世代の台頭、加えて新型コロナウイルスの蔓延など目まぐるしい変化の中で、経済を取り巻く社会環境も大きくシフトしています。この変化に適応すべく、自社の利益だけではない社会的インパクトも見据えたパーパスやMMV(ミッション・ビジョン・バリュー)に更新している企業が増えてきています。

一方、「最近、会社のパーパスがつくられたが、これからどう自分たちの事業や活動を変えていけばいいのか迷っている」「新たなメッセージを社内浸透させるために、何から始めればいいかわからない」など、トップと現場のギャップをどう埋めるべきか、モヤモヤしている方も多いようです。

経営層のビジョンを咀嚼し、現場レベルでの具体的なアクションに繋げるにはどうしたらいいのでしょうか?

ロジックモデルを用いて、共通認識を醸成する

長期的な視点をもちながら、今すべきアクションを導くには、航海図が必要です。
本イベントでは、活動を通じてどのような社会を実現したいのか?関わるメンバーで共通認識をもち、推進しながら活動内容をアップデートさせていく際に効果的なフレームワークの一つとして、「ロジックモデル」を取り上げます。
とある企業のモデルケースを題材につくったロジックモデルを見ながら、パーパスから具体的なアクションを描くステップをご紹介します。

また、イベントのご参加特典として、作成したロジックモデルとテンプレートを共有予定です。

ロジックモデルとは?

  • ロジックモデルとは、事業が成果を上げるために必要な要素を体系的に図示化したもので、事業の設計図に例えられます。一般的なロジックモデルの図は事業の構成要素を矢印でつなげたツリー型で表現され、「インプット」「活動」「アウトプット」「アウトカム」と4つの要素で図示されます。
    プロジェクトを通じてどのような社会・景色を実現したいのか?関わるメンバーで共通認識をもち、推進しながら活動内容をアップデートさせていくための航海図のようなものです。

一部引用:社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ「ロジックモデルとは」より

参考記事:

【抽選3組】あなたの状況に合わせ、個別シミュレーションを体験

ご視聴後に、希望者の個別状況に合わせたロジックモデルワークを体験する機会をご用意します。お申込者様の企業の背景情報を伺った上で、想定されるアクションのシミュレーションを一緒に行います。こちらは事前お申し込み制となります。申し込みフォームにてご希望をご回答ください。

こんな方におすすめ

  • パーパスが更新され、自分たちの事業や活動をどのように変えていけばいいのかお悩みの方
  • トップからのオーダーを現場に落とし込む経営企画担当者
  • プロジェクトメンバー内の共通認識を醸成したい方
  • トップと現場との間に意識の乖離があり、そのギャップを埋めたい経営層の方

Program

0min-10min
オープニング
株式会社ロフトワーク マーケティング 横山 暁子
10min-20min
ロジックモデルとは?
株式会社ロフトワーク マーケティング リーダー 岩沢 エリ
20min- 55min
【シミュレーション型解説】パーパスつくって、それからどうする?
株式会社ロフトワーク クリエイティブディレクター 伊藤 望
株式会社ロフトワーク プロデューサー 小島 和人
株式会社ロフトワーク マーケティング リーダー 岩沢 エリ
14:55-15:00
クロージング

Outline

公開期間
2022年 5月 26日 〜2022年 8月 31日
視聴方法
本ページ下部の「Join」ボタンをクリックし、お申込みください。
視聴用URLをお送りいたします。
参加費
無料
対象
・パーパスが更新され、自分たちの事業や活動をどのように変えていけばいいのかお悩みの方
・トップからのオーダーを現場に落とし込む経営企画担当者
・プロジェクトメンバー内の共通認識を醸成したい方
・トップと現場との間に意識の乖離があり、そのギャップを埋めたい経営層の方
主催
株式会社ロフトワーク

Speaker

伊藤 望

株式会社ロフトワーク, クリエイティブDiv. シニアディレクター 

伊藤 望

神戸大学経済学部卒。生活者とクライアントとクリエイターの間で、新たなサービスや事業を生み出す触媒になるべくロフトワークへ入社。新サービス/事業を生み出すための機会発見のためのリサーチや、リサーチに基づく新規事業開発、未来の生活者/社会の変化シナリオの策定、新たなコンセプトを生み出すためのフレームワーク開発、アイデアソンの設計の案件に携わる。人がアイデアを思いつく仕組みについて研究中。リサーチ結果やブレインストーミングで生まれたアイデアなど大量の情報を統合/編集していくのが得意。販促コンペ協賛企業賞、足立区東京2020大会記念協創提案型事業審査委員長など。本屋かサウナかTwitterのどこかにいます。

岩沢 エリ

株式会社ロフトワーク, Culture Executive/マーケティング リーダー

岩沢 エリ

2015年入社。マーケティングのコミュニケーション担当として、イベントの企画・設計を通じたロフトワークとクライアントとの最初の接点づくりを担う。
これまで培ってきた、インタビューを主体としたマーケティングリサーチの経験と、新規事業担当としてシェアオフィスや就業支援学校の立上げ・運営など、様々な場づくりを経験してきたことから、プロジェクトのマーケティング戦略設計支援も行う。人の関係が変わる場づくりと普通の中に眠る個性を引き出すことに関心をもちながら活動中。

小島 和人(ハモ)

株式会社ロフトワーク, プロデューサー

小島 和人(ハモ)

専門学校で建築を学びその後、デザイナー、ディレクター、プランナーとして新規ブランド / 店舗 / 商品開発 / PRプランなど広く携わる。
個人では美術作家「ハモニズム」として活動し、ファッション / 植物研究 / 都市菜園などのコラボによりジャンルを越境した作品づくりを行う。

2018年ロフトワークに参画し、新規事業創出や共創空間作り地域産業推進など幅広くプロデュースを担当。2020年からはSFプロトタイピングなどの手法を積極的に取り入れ、先行きが見えない社会の中で企業や団体がこの先で何をすべきか?を提案している。企業人としても作家としても「未来」に対する問いの設計に興味がある。あだ名は「ハモさん」

横山 暁子

株式会社ロフトワーク, マーケティング

横山 暁子

大学卒業後、大手化粧品会社にて営業職として10年間従事。売上の管理、イベントの設計・運営、販売者育成など多岐にわたる業務を経験。その後、アメリカ・シカゴにて2年半ほど子育てを堪能する。
2017年ロフトワークに入社。マーケティングDivにて、ビジネスイベントの企画運営、コーポレートサイトのコンテンツ企画・編集、CRM業務に携わる。常に心がけていることは、発信を通じて関わる人やプロジェクトに追い風を吹かせること。現在はBranch Marketingというポジションで京都ブランチと渋谷オフィスを往復している。趣味は手芸、パッキングと旅。好きなものはビールとコーヒー。

本動画は録画配信です。「Join」ボタンをクリックし、お申込みの上、動画をご視聴ください。

Related Event