このたび、株式会社ロフトワークでは、初のフリーペーパーを創刊しました。

 コンセプトは、「Hack the Future!(未来をハックする!)」。年4回、季節ごとに発行し、未来を面白くする(と、私たちが信じてやまない)キーワードをひとつずつ取り上げて行きます。

『季刊 LOFTWORK 創刊号』
『季刊 LOFTWORK 創刊号』

創刊特集は 「CO-CREATION 化学反応起こしてる?」

記念すべき創刊号の特集は、「CO-CREATION 化学反応起こしてる?」。 

「共創すること」の意味を、より深く、真剣に楽しもうと、さまざまな観点から考えてみました。巻頭対談では、株式会社スマイルズ代表・遠山正道さんと、ロフトワーク・林千晶が2社の共同プロジェクト「1万人のクリエイター ミーツ PASS THE BATON」から、化学反応をキーワードに刺激的なトークをくりひろげています。

特集では、「CO-CREATION」を掘り下げるQ&Aコーナーや、オススメの書籍情報、ハッカソンやメイカソンなどの「いまさら聞けない」コラムなど、盛りだくさん。

 さらに、ユニークなイベントレポートやコラム、loftwork.com、OpenCU、FabCafeなど、ロフトワークが運営するサービスの横断情報も掲載しています。

早い者勝ち!ぜひ受け取ってください。

『季刊LOFTWORK』は、ロフトワークのお客様・関係者に直接配送するほか、FabCafeやLoftwork Labでも配布します。今後すこしずつ、配布場所を増やして行く予定ですので、見つけた方は手に取っていただけると嬉しいです!

FabCafe Tokyo(渋谷)で本日から限定配布しています!
FabCafe Tokyo(渋谷)で本日から限定配布しています!

一緒に”Hack the Future!”しませんか?

“ロフトワーク(=loft-work)”という社名には、さまざまなクリエイターたちが、倉庫や工場の片隅、いわゆるロフトスペースを借りて集い、ともに考え、新しいアイデアをかたちにしていくようなワクワク感を、世界中に広げていきたい!という、ちょっと熱い想いが込められています。

そんな社名を掲げる私たちが、いま、敢えて社名と同じ名前の新しいフリーペーパーを創刊しました。

その目的は無数にありますが、敢えて絞って言うならば、インターネットやビジネスやプロジェクトの枠を超えて、もっともっと、自由なクリエイティブの輪を広げ、たくさんの仲間と出会い、いっしょにワクワクしたい!と考えたから。

 合言葉は“Hack the Future!” 

毎度おなじみの方も、はじめましての方も、『LOFTWORK』といっしょに、未来を面白くしてみませんか。 

 (『季刊 LOFTWORK』創刊号のメッセージより)

 *制作チーム:
・Publisher:株式会社ロフトワーク
・Producer:中田一会(ロフトワーク)
・Editor&Writer:森田哲生・丸山るい(Rockaku
・Art Director&Designer:山口真人・阿久津望(IDEASKETCH
・Photographer:高岡弘

ロフトワークについて

オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・カンパニー。
グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材と向き合うクリエイティブサービス「MTRL(マテリアル)」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD(アワード)」を運営。世界中のクリエイターコミュニティと共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。

株式会社ロフトワーク 広報:pr@loftwork.com

Next Contents

「Contactless = 非接触」の世界で「リアルな体験」をどう生み出す?
グローバルクリエイティブアワード
「YouFab Global Creative Awards 2020」募集開始!