7月1日(月)にWASEDA  NEO*にて開催される「リレー対談「デザイン経営の実装と実践」 Vol.1」に弊社代表 林千晶が登壇します。この企画は、HAKUHODO DESIGN 永井一史氏がホストとして、一線の経営者・デザイナーの方々を毎回ゲストに迎え、「デザイン経営の実装と実践」について学ぶプログラムです。

*WASEDA  NEO
WASEDA NEOは、早稲田大学が日本橋キャンパスで展開している社会人教育事業。2017年に発足し、業種を超えたコミュニティの形成、実課題に沿ったトレーニングプログラム、先端的テーマを扱ったセミナーや講座など、未来を考えるための場を提供しています。

「デザイン経営宣言」(2018年5月に公表)
「産業競争力とデザインを考える研究会」(主宰:経済産業省・特許庁)は、2017年7月から約1年の活動を通して作成した報告書を公開。「産業競争力とデザインを考える研究会」の委員として弊社代表 林千晶も参画しています。

開催概要

デザイン経営宣言のその先〜リレー対談「デザイン経営の実装と実践」 Vol.1~ 

開催日時
2019年7月1日(月) 19:00-20:30
会場
早稲田大学 日本橋キャンパス WASEDA NEO「Blendipityホール」
〒103-0027 中央区日本橋1-4-1日本橋一丁目三井ビルディング5階(COREDO日本橋))
受講料
5,400円
申し込み
http://bit.ly/31pmi3k (外部サイトにリンクします)

ロフトワークについて

オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・カンパニー。
グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材と向き合うクリエイティブサービス「MTRL(マテリアル)」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD(アワード)」を運営。世界中のクリエイターコミュニティと共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。

株式会社ロフトワーク 広報:pr@loftwork.com

Next Contents

鈴与鈴木社長×Takram田川氏×林千晶
「“空間”と“地域”から紐解くこれからの働き方とデザイン」

お困りですか?