弊社代表諏訪光洋が審査員を務めた第53回日本サインデザイン賞の受賞作品が発表されました。

日本サインデザイン賞(通称SDA賞)は、サインデザインの普及および啓発を図ることを目的として、1966年以来続けられてきた日本で唯一のサインデザインに関する顕彰事業。今日のサインは、都市空間や企業活動と生活者をつなぐインターフェイスとして、環境を活性化しコミュニケーションを成立させるためになくてはならないデザインと位置づけられています。多様な概念と手法の広がり、新しい視点に対応した質の高いサインデザイン作品を募集、審査し、優れた作品に贈賞をおこなっています。

日本サインデザイン大賞/経済産業大臣賞

・日本郵政株式会社 本社オフィス 応接会議室:東京都

日本サインデザイン金賞

・能登駅のドラえもんサイン:神奈川県
・トヨタカローラ新大阪名神茨木店 サイン計画:大阪府
・渋谷ストリーム・渋谷リバースストリート:東京都
・テラス沼田サインシステム:群馬県

諏訪光洋賞

カメラマン:後藤晃人

かみす防災アリーナ
シンプルさ、美しさ、理解しやすさ。機能としてのサインデザインだけではなく、施設のアイデンティティ、施設全体の雰囲気までをカバーし融合されたデザインをパラメトリックデザインを使い実現している。

アルゴリズムが生み出すデザインが、かみす防災アリーナという大型施設の大面積をカバーしている。
今後ますます、建築家・UXデザイナー・グラフィックデザイナーが共創し、よりよい体験のデザインが求められていく中、パラメトリックデザインを空間に取り入れる事例は増えるだろう。このプロジェクトにおいて素晴らしいことはその可能性を示すだけではなく、子供から美意識の高い人まで広く愛される温かさをデザイン計画として実現しているところにある。(諏訪 光洋)

カメラマン:田尾沙織

カメラマン:田尾沙織

カメラマン:田尾沙織

カメラマン:田尾沙織

カメラマン:田尾沙織

カメラマン:田尾沙織

カメラマン:田尾沙織

カメラマン:田尾沙織

カメラマン:田尾沙織

カメラマン:田尾沙織

カメラマン:田尾沙織

かみす防災アリーナ
建築設計・ディレクション:清水建設梓設計 設計企業共同体
グラフィックデザイン:株式会社OKデザイン室
インテリアデザイン:株式会社フィールドフォー・デザインオフィス
家具デザイン:岩沢兄弟
照明デザイン:ぼんぼり光環境計画株式会社
ランドスケープデザイン:古谷デザイン株式会社
施工:株式会社白英社(サイン)/株式会社白水社(家具)

それ以外の受賞作品については、第53回日本サインデザイン賞結果発表にてご覧いただけます。

第53回日本サインデザイン賞結果発表(外部サイトに移動します)

ロフトワークについて

オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・カンパニー。
グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材と向き合うクリエイティブサービス「MTRL(マテリアル)」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD(アワード)」を運営。世界中のクリエイターコミュニティと共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。

株式会社ロフトワーク 広報:pr@loftwork.com

Next Contents

“Neos Sapporo Developers Park”開所記念「新時代のモノづくりと働き方」
弊社代表諏訪とヒダクマ代表岩岡が登壇

チャット受付中です。