『日経ビジネス』Raiseオープン編集会議「デザイン経営を考える」に、7月29日に永田町GRiDにて開催した「デザイン経営2019」のレポートが掲載されました。

「デザイン経営」宣言が発表されて1年。ロフトワーク主催で、報告書としてまとめた「産業競争力とデザインを考える研究会」の中心メンバーと、デザイン経営を実践する組織や企業をゲストに招き、改めて「デザイン経営」とは何かを考えるイベントを開催しました。当日議論を深めた「「デザイン」の5つの能力について」や、「デザイン経営」を企業に根付かせるためのポイントが紹介されています。ぜひご覧ください。

[報告]デザイナーの5つの能力、経営にどう生かす?

読者参加型で実施してきたオープン編集会議のプロジェクト「デザイン経営を考える」。今回は、プロジェクト協力メンバーの一員であるイノベーション支援のロフトワークが開催したイベント「デザイン経営2019―これからの経営はデザインとどう付き合うべきか」での議論を題材に、改めて「デザイン」と「経営」の関係を考えてみたい。「デザイン経営」の重要性を説く論客が交わした議論について、皆さんのご意見をお寄せください。
(Raiseオープン編集会議「デザイン経営を考える」より)

Keywords

Next Contents

2050年の京都市の都市構想への道筋を描く。
「創造的都市、京都」を提唱する、最終報告書を公開