2019年9月16日に開催されるG1 Global Conferenceに林千晶が登壇します。

グローバル・リーダーたちが集い、国際社会の取り組むべき課題と日本の果たす役割を議論し、意見を交わす「G1 Global Conference」。グロービス経営大学院学長 堀氏が代表を務める一般社団法人G1が2011年に立ち上げた会議です。

今後の日本・世界を担っていくリーダーたちが学び、交流する場として開催され、このカンファレンスを通じて日本や世界の政治・経済・文化・技術・環境などを学び、互いに語り合い、交わることで、将来各界でリーダーシップを発揮するときの知恵やネットワーク基盤を提供することを目的としています。

林は、#2 Breakout Sessions「Technology and Design: Innovation in Business」にてモデレータを務めます。パネリストは、IDEO共同経営者Tom  Kelley氏、Takram代表取締役 田川 欣哉 氏、アクセンチュアChief Innovation Officer 工藤 卓哉氏。ビジネスイノベーションにおけるテクノロジーとデザインについて議論を深めます。

関連リンク

G1 Global Conference

Keywords

Next Contents

宮崎県延岡市で開催する映像クリエイター向けのレジデンスプログラム
「Connect & Create NOBEOKA 2024」の公募を開始