GA JAPAN 166 2020 SEP-OCT』に、場を使う人々が空間に主体的に関わるための空間デザイン事例として、ロフトワーク台湾/MTRL Taipeiが紹介されました。

設計を担当したstudio archēの甲斐 貴大氏が3Dモデリングによる設計やくさび式足場を活用したことなど空間デザインについて解説しています。

ロフトワーク台湾の新オフィス、MTRL Taipeiのコンセプトや空間デザインのポイントについてはロフトワークのニュース記事でも紹介しています。ぜひ両記事合わせてご覧ください。

ロフトワーク台湾の新オフィス完成
KeepChanging―足場で作り上げた変化し続ける空間
https://loftwork.com/jp/news/2020/05/20-lwtaiwan-new-office

 

ロフトワークについて

オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・カンパニー。
グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材と向き合うクリエイティブサービス「MTRL(マテリアル)」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD(アワード)」を運営。世界中のクリエイターコミュニティと共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。

株式会社ロフトワーク 広報:pr@loftwork.com

Next Contents

富山県が推進するスタートアップ集中支援プログラム
「T-Startup Leaders Program 2022」が参加企業の募集を開始!