FabCafe Tokyoの金岡が、クリエイター向けWebマガジン「CreatorZine」に「FABから考える、クリエイターとビジネスプロジェクトのありかた」を寄稿しました。

2010年に英国マンチェスターで大学に通っていた時にFabと出会い、FabCafeの初期からスタッフとして参加、今はFabCafe Tokyoの事業責任者を務める金岡が、これまでみてきた景色、そしてこれからのクリエイターコミュニティとの共創のあり方が書かれています。

10年以上もの間、Fabムーブメントと、FabCafeに集うグローバルローカル双方のコミュニティをみてきた金岡独自の視点を、ぜひお読みください。

*メンバー登録(無料)すると全文読むことができます。

寄稿者

金岡 大輝 /FabCafe Tokyo CTO 兼事業責任者

マンチェスター大学で建築を学んだ後、FabCafeではFabエンジニアとしてRhinocerosクラスGrasshopperクラスなどハイエンドは3DCADワークショップを担当。また、英語力を活かし国内外の様々なクリエイター達とプロジェクトを行うなど、幅広いものづくり知識とネットワークを持つ。

Profile

 

Next Contents

富山県が推進するスタートアップ集中支援プログラム
「T-Startup Leaders Program 2022」が参加企業の募集を開始!