FINDING 林 千晶 2019.10.07

#11 FabCafe Globalの育て方
(ドーナツの穴 ー創造的な仕事のつくり方ー)

全世界に10拠点、そのはじまり

今、「FabCafe」は世界10店舗にまで広がっている。2012年に、最初のFabCafeを渋谷につくってから7年。2013年に台北、2014年にバルセロナ、2015年にバンコクとトゥールーズ(フランス)、2016年に飛騨、シンガポール、ストラスブール(フランス)、2017年に京都、2018年にはモントレー(メキシコ)と、着々と店舗が増えている。すごいことだ。

ちなみに渋谷でFabCafeをオープンしたとき、決めていたことがある。「この事業はグローバルビジネスにしよう」。どう動けばいいのか、道筋がハッキリ見えていたわけではない。でも2店舗目は日本以外で、それだけは決めていた。

熱意あるプレゼンから、グローバル展開への道がひらけた

FabCafe Tokyoをオープンして間もないある日のこと。TEDx Tokyoに訪れた人たちが、「噂のカフェはここか」と訪ねてきてくれた。その中に、台湾で都市計画をやっているティム(Tim Wong)も含まれていた。彼はFabCafe Tokyoを視察し、熱のこもった声で私たちに言った。

「まさに僕がやりたかったこと。カフェの価値はコーヒーを出すことじゃない。コミュニティをつくることなんだ! FabCafeを台北にもつくらせてくれないか?」

ティムのプレゼンは素晴らしかった。正直、創業者の私たちより上手に、FabCafeの価値を言語化していた。「つくる」を、もう一度取り戻す。私たちは「消費者」である以前に、つくり手なのだ。私たちは、2店舗目のFabCafeを台北につくることにした。

そしてこの出店を機に、グローバル展開の話は次から次へと、するする進んでいくことになる。

私たちは「どこに出店したいか」と国や街を選んできたわけではない。実際「ぜひわが街にFabCafeを!」と数々のオファーもいただいたが、GOサインを出すことはできなかった。

FabCafeをグローバル展開するうえで大事にしてきたのは、「その街に誰がいるのか」。そして「その人はクリエイターの友だちが100人いるか」。ものづくりをする友人が100人いたら、お店一軒は維持できる。そんな考えのもと、ニューヨークでもロンドンでもなく、モントレーや飛騨にオープンすることができたのだ。

ビジネスは各国それぞれ、コミュニティや情報はオープンに

2店舗目をオープンした段階で、私たちは「Playbook」の作成に着手した。カフェ運営のルールやマニュアル、活動を制約する契約書ではない。FabCafeで生まれる“体験の価値”を、どう体現してもらうか。その根本的な部分をシェアするための資料である。

Playbookには、朝、昼、夜それぞれのシチュエーションで、FabCafeですごす人の「体験」をストーリーとしてつづった。どんなコミュニティと親和性が高いかも示している。これが、グローバルに価値共有したはじめての事例となった。

Playbookで示した体験価値が共通のものであれば、あとはそれぞれの国や街の文化によってローカライズされていけばいい。実際、建物のつくり方も、フードやドリンクのメニューも、運営の仕方も各国さまざまだ。それでいい。

ただ一つだけ、グローバルな運営ルールがある。それはコミュニティのつながりや情報をシェアすることだ。

各店舗で生まれた面白い取り組み、イノベーティブなアイデア、人との出会い。それらがFabeCafe Globalの中でシェアされ、海を越えたクリエイティブの流通につながっている。

次の挑戦――?

世界10拠点のFabCafeで培われたコミュニティをベースに、ロフトワークがさらにクリエイティブなしかけや、新たなビジネスをデザインしていきたい。まずはグローバルアワード「YouFab」を、次のステージへ。

林 千晶

Author林 千晶(共同創業者 代表取締役)

早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒。花王を経て、2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは年間200件を超える。グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材に向き合うクリエイティブ・ラウンジ「MTRL(マテリアル)」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD(アワード)」などを運営。
MITメディアラボ所長補佐、グッドデザイン賞審査委員、経済産業省 産業構造審議会 製造産業分科会委員も務める。森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す官民共同事業体「株式会社飛騨の森でクマは踊る」を岐阜県飛騨市に設立、代表取締役社長に就任。「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」(日経WOMAN)を受賞。

Profile
チャット受付中です。