​​ロフトワーク共同創業者・取締役会長の林千晶が、「Penクリエイター・アワード2021」の審査員を務めます。

デザイン、アート、建築、文学、ファッションなど、いま注目されるクリエイティビティを紹介し、話題を集めている、雑誌「Pen(ペン)とPen公式サイト「Pen Online」。5回目となる「Penクリエイター・アワード」のテーマは、「よりよい未来のために」。応募の受付は8月31日までです。

林は、川上典李子氏(ジャーナリスト、21_21 DESIGN SIGHT アソシエイトディレクター)、原野守弘氏(クリエイティブディレクター)、藤本壮介氏(建築家)、真鍋大度氏(ライゾマティクス・ファウンダー、アーティスト)、編集部の皆さんとともに審査を行います。アワード詳細は下記をご覧ください。

Penクリエイター・アワードとは

2017年より、Penはその一年で最も活躍したアーティストやクリエイティブディレクター、俳優などクリエイターをたたえる賞「Penクリエイター・アワード」を創設し、活動を取材。5回目の開催を数える2021年、新しい才能をより多く発見し広く人々に伝えていくためにパワーアップしています。

▼公式Webサイト
https://www.pen-online.jp/article/008714.html

Next Contents

サーキュラー・デザインを考えるコンソーシアム、
「crQlr(サーキュラー)」がWebサイトを公開

お困りですか?