多様性と革新的精神をもつ世界の女性リーダーの活動を表彰する「Veuve Clicquot Bold Woman Award」(以下、ボールド ウーマン アワード)の最終選考に、ロフトワーク共同創業者・取締役会長の林千晶がノミネートされました。

ヴーヴ・クリコのメゾン創業200年を記念して1972年に創設された「ヴーヴ・クリコ ビジネスウーマン アワード=現 ボールド ウーマン アワード」は、既存の業界に変革をもたらし、真のロールモデルとして優れた取り組みを通じ、次世代にインスピレーションを与える女性リーダーに贈られるアワードです。以来世界27か国、350名以上の女性リーダーの活躍に光をあてて来ました。


2021年は、初のオンラインイベントとして「Bold Conversation(ボールド カンバセーション)」を開催。授賞式やファイナリストによるパネル・ディスカッション、女性アーティストによるオープン参加形式でライブエンターテイメントを配信します。

イベントに先駆け、Web「Harper’s BAZAAR」で林千晶のインタビューが公開されました。どうぞお読みください。

ボールド ウーマン アワードについて

1772年の創設から革新を続けるシャンパーニュ・メゾン「ヴーヴ・クリコ」。マダム・クリコは1805年に27歳で未亡人(ヴーヴ・クリコ)となり、当時はまだ小規模であった夫フランソワ・クリコの事業を継承、一大企業へと発展させました。

その功績を讃え、「ラ・グランダム=偉大なる女性」と呼ばれたマダム・クリコのように大胆な精神、独自の創造力、そして起業家精神と多様性をもつ世界の女性リーダーを讃える「ヴーヴ・クリコ ビジネスウーマン アワード=現 ボールド ウーマン アワード」をメゾン創業200周年となる1972年に創設。2014年からは、次の時代をつくる新しい女性リーダーを表彰する「ボールド フューチャー アワード」、さらに本年より先進的な取り組みによって女性の活躍をサポートする男性リーダーへ贈られる「ボールド チャンピオン アワード」が新設されました。「ボールド ウーマン アワード」には3名、「ボールド フューチャー アワード」には3名、計6名のファイナリストが選出されています。

Veuve Clicquot Bold Woman Award 公式サイト

イベント情報

ボールド ウーマン アワード,ボールド カンバセーション

日時:11月29日(月)18:00~

場所:都内会場からオンライン LIVE配信

視聴申し込みは、公式サイトから。
事前質問もフォームよりご記入頂けます。LIVE配信中もご質問を受付けます。

Keywords

Next Contents

「ものづくり」エリアである燕三条の企業を対象とした、
デザイン経営伴走支援プログラム「DM Factory」の参加企業の募集を開始