渋谷・道玄坂上より、感謝の気持ちを込めて。ありがとう!

ロフトワークが運営するFabCafe Tokyoは、2022年3月7日に10周年を迎えました。

これまでFabCafe Tokyoを利用してくださった方、プロジェクトやイベント、コミュニティ活動を共に作り上げてきたクリエイター、アーティスト、クライアントの皆さん、そしてFabCafe Tokyoを一緒に育ててくれたスタッフのみんなに感謝を申し上げます。

MITのニール・ガーシェンフェルド教授が提唱した「FAB」という概念を、もっとカジュアルに、開かれた場で触れてもらうために、FabCafe Tokyoが渋谷道玄坂でオープンしたのは、2012年。現在世界13拠点に広がったFabCafeの起点です。以来、「What Do You Fab?=あなたなら何をFabしますか?」というステイトメントのもと、幅広いバックグラウンドの人がものづくりをし、その体験やアイデアをシェアしてきました。

これまでの10年間、FabCafe Tokyoは常に“コミュニティ”とともにありました。建築、デジタルファブリケーション、ファッション、バイオテクノロジー、グラフィック、コーヒー、食、音楽、ゲーム、サステナビリティ。様々なコミュニティが生まれ、コロナ禍の今でも緩やかにつながり、さまざまなイシューやチャレンジに多くの仲間たちと取り組んでいます。

価値観が流動的に変化する今の世の中で、FabCafeはこれからも、メンバーの変わるバンドのように、あるいはほうぼうに身体を伸ばすアメーバのように、興味関心を変化させ、最新のテクノロジーにアンテナを拡げながら、新たな仲間とコラボレーションを続けていきます。

FabCafe Tokyoチーム一同

 

みなさんからのメッセージを募集します!

FabCafe Tokyo10周年にあたり、メッセージを募集します。
毎日のようにコーヒーを飲みに通ってくださる方も、しばらく会えてない方も、この投稿をみて「そういえば……!」と思い出してくれた元メンバーも、10年を迎えたFabCafe Tokyoにメッセージを、ぜひぜひ送ってください。

頂いたメッセージはみんなでしっかりしっかり読み、一部をFabCafe店内に掲示させていただきます。コロナ感染拡大状況を鑑みながら、お祝いイベントも企画中です。

メッセージを送る!(Google Form)

今回の記事のイラストはFabCafe卒業生でもある、SENDA HANAさんにお願いしました。インスタはこちら。

写真で振り返る、FabCafe Tokyoの10年間 

これまでFabCafe Tokyoを訪れてくれた方は、なんと……30万人以上! 小学生から80代の方まで、老若男女、国籍もバックグラウンドも異なるさまざまな方達と一緒に、イベントやワークショップ、ライブにプロジェクトなどを行ってきました。カフェというオープンな場で、ひとがつながり、たくさんのいい笑顔が生まれました。10年間の膨大な写真のなかから少しご紹介します!
(写真の左右をクリックしてご覧ください)。

2012-2017

FabCafe Tokyo 2012-2017

2018年-2022年

FabCafe Tokyo 2018-2022

Next Contents

富山県が推進するスタートアップ集中支援プログラム
「T-Startup Leaders Program 2022」が参加企業の募集を開始!