2022年11月11日(金)、TRUNK(HOTEL)にて開催される「MASHING UP CONFERENCE vol.6」のトークセッションに、エール取締役 篠田真貴子さん、Cradle 代表取締役社長 スプツニ子!さんと共に、MTRL事業責任者の小原和也が登壇します。

「MASHING UP」は、多様な視点で社会課題を捉え未来を考えるプロジェクト。イベントやメディアを通じ、性別、業種、世代、国籍を超え多彩な人々と対話を深め、これからの社会や組織のかたち、未来のビジネスを考えていきます。

小原が登壇するトークセッションのテーマは「企業にとってのウェルビーイング」。組織においてすべての人が存分に能力を発揮するためには、社員一人ひとりの心身の健康にも投資していく必要があると考え、エクイティをキーワードに、働く人のウェルビーイングを探ります。

登壇概要

登壇者

MTRL事業責任者 小原 和也(弁慶)

2015年ロフトワークに入社。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了(デザイン)。素材/材料の新たな価値更新を目指したプラットフォーム「MTRL」の立上げメンバーとして運営に関わる。現在は事業責任者兼プロデューサーとして、素材/材料基軸の企業向け企画、プロジェクト、新規事業の創出に携わる。モットーは 「人生はミスマッチ」。編著に『ファッションは更新できるのか?会議 人と服と社会のプロセス・イノベーションを夢想する』(フィルムアート社,2015)がある。あだ名は弁慶。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特任研究員。

Profileページへ

Keywords

Next Contents

ロフトワークが運営を担う、富士フイルムビジネスイノベーションの体験型展示施設
「Green Park FLOOP (グリーン パーク フループ)」が
横浜・みなとみらいにオープン