ファッション/カルチャー/アート分野のXRコンテンツを募ったグローバルアワード 「NEWVIEW AWARDS 2022」

株式会社Psychic VR Lab、株式会社パルコ、ロフトワークによる共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」は、XRコンテンツアワード「NEWVIEW AWARDS 2022」の受賞作品を発表しました。

2018年に第1弾をスタート。誰もが3次元空間の表現を手にする近未来を見据え、XRの新たな表現と体験の世界を牽引し得る次世代クリエイターを発掘し、次なるステップへと進むきっかけをもたらすべく立ち上げた本アワード。5年目、第5弾となる今回は「Create a Melting Reality」(溶け合うリアリティを創造せよ。)を掲げ、2022年8月8日から10月31日までの期間、世界中から作品を公募をしました。

世界14ヶ国155作品(AR:54作品、VR:92作品、XR(ARとVRを併用):9作品)の応募があり、審査員長の宇川直宏氏、Kizuna AI Inc.Shinichi Osawa(MONDO GROSSO)氏、Lu Yang氏(中国)、yurinasia (ユリナジア)氏、北川一成氏、清水幹太氏 / バーチャルヒューマンのルカ氏、小林大介氏、Nick den Boer氏(カナダ)ら審査員による最終審査会を経て、グランプリをはじめとする各種受賞作が決定しました。

グランプリに相当するGRAND Prizeは、過去に住んでいた空間を分割し、各空間とそこにまつわる断片的な音から作者の「個人的で曖昧な記憶」を体験できる「my room / my sound」と、さまざまな場所の風景と記憶を合成し、どこにもないがどこかに存在しているかのようなテーマパークへ誘う「SEMI MEMORY」の2作品が受賞しました。グランプリに相当する作品が2つ選出されたのは初となります。

GRAND Prize受賞者には、新作の制作支援金として最大$10,000 USDを提供、NEWVIEWを象徴するXRアーティストとして、XRシーンでの飛躍をバックアップします。SUPER DOMMUNEでの番組化、2023年のNEWVIEW FESTでの作品披露ほか、NEWVIEWが2023年度にグローバルに展開するさまざまなプロジェクトやイベントで活動、露出の機会を提供予定です。

全ての受賞作品と審査員コメントは、こちらからご覧になれます。

結果発表ページ(日本語) 結果発表ページ(英語) 結果発表ページ(中国語)

世界14ヶ国155作品から選ばれた受賞作品

GRAND Prize

新作の制作支援金として最大$10,000 USDを提供、NEWVIEWを象徴するXRアーティストとして、XRシーンでの飛躍をバックアップします。SUPER DOMMUNEでの番組化、2023年のNEWVIEW FESTでの作品披露ほか、NEWVIEWが2023年度にグローバルに展開するさまざまなプロジェクトやイベントで活動、露出の機会を提供予定です。

作品名:my room / my sound
作者:IEEIR(Artist Collective |JAPAN)
以前住んでいた空間を分割し、各空間とそこにまつわる断片的な音から作者の「記憶」を体験できる作品。

作品名:SEMI MEMORY
作者:Adrian Steckeweh | Omega.C(建築家、CG/XR クリエーター |Germany, Japan)
自分の記憶・経験・知覚に基づいて、郷愁を味わう。さまざまな場所の風景と記憶の合成によるテーマパーク。

既存の表現やカルチャーを更新しうる作品が選出された「COLLABORATION Prize」

NEWVIEW AWARDSはGRAND Prizeのほか、8つのCOLLABORATION Prizeを用意しており、各プライズの審査員が受賞作品を選出しました。COLLABORATION Prizeでは、受賞特典として、プライズオーナーとのコラボレーションを通じて、XRによって既存のカルチャーの新たな可能性を切り開く挑戦の機会が与えられます。受賞者の今後の作品にご期待ください。

COLLABORATION Prize 受賞作品

ULTRA STAGE Prize

作品名:「AIAR Gallery 02」
作者:Rory Scott (rksxo) (Creative Technologist/Artist |United States)
審査員:Kizuna AI inc.
AIが生成したオーディオとビジュアルを展示する実験的なアートギャラリー。

ULTRA STAGE Prize

作品名:「Glyph’s Abyss」
作者:Ardak Mukanova(Designer |Kazakhstan)
審査員:Kizuna AI inc.
死にゆく生命の細胞を表現。体験者は細胞に歩いて近づき、彼らを動かす最後の光となる。

https://newview.design/works/draw-drag-future-instruments/

ULTRA SO SESSION Prize 

作品名:Draw & drag future instruments
作者:キンミライガッキ現代支部(アーティスト |JAPAN)
審査員:Shinichi Osawa 
空間に描いたシンボルを認識して、対応した「キンミライガッキ」を召喚でき、演奏できるAR楽器。

ULTRA TOUR Prize

作品名:Species
作者:Tomoro Kinoshita(Visual Artist |JAPAN)
審査員:Lu Yang
この施設では多種多様の生物を飼育、研究している。鮮やかな色彩と生物が創り出す美しいVR空間。

ULTRA MEDIA Prize 

作品名:SEMI MEMORY
作者:Adrian Steckeweh | Omega.C(建築家、CG/XR クリエーター |Germany, Japan)
審査員:yurinasia (ユリナジア) 
自分の記憶・経験・知覚に基づいて、郷愁を味わう。さまざまな場所の風景と記憶の合成によるテーマパーク。

ULTRA GRAPHIC Prize 

作品名:face
作者:大西晃生(Artist |JAPAN)
審査員:北川一成
画像、写真、立体造形、絵画…イメージがマテリアルをシームレスに移動した果てを表現した作品。

 

ULTRA INNOVATION Prize

作品名:In My Brain
作者:めーぷる(Technical Artist |JAPAN)
審査員:清水幹太 / ルカ
同じ世界でも感情によって見え方が変わる。そんな脳内のキャンバスを視覚化したAR作品。

 

 

ULTRA CULTURE Prize 

作品名:SEMI MEMORY
作者:Adrian Steckeweh | Omega.C(建築家、CG/XR クリエーター |Germany, Japan)
審査員:小林大介
自分の記憶・経験・知覚に基づいて、郷愁を味わう。さまざまな場所の風景と記憶の合成によるテーマパーク。

ULTRA IDEA Prize

作品名:DrosTravel
作者:Akira Tanaka(Interaction Engineer |JAPAN)
審査員:Nick den Boer
街頭テレビをモチーフに、ドロステ(フレームの中で同じイメージが再帰的に繰り返されていく様)の渦に巻き込まれていくAR。

 

主催

NEWVIEW PROJECT 

NEWVIEWについて
3次元空間での新たなクリエイティブ表現と体験のデザインを開拓する実験的プロジェクト/コミュニティーとして2018年1月始動。多様なジャンルのアーティストと実験的作品を仕掛け、新たな表現を社会提示する活動のほか、「NEWVIEW AWARDS」、XRを総合芸術として学ぶアートスクール「NEWVIEW SCHOOL」を展開し、次世代クリエイターの発掘・育成・交流・発信を行っています。

お問い合わせ: NEWVIEW AWARDS 2022 事務局(担当 皆川) 
info@newview.design

Keywords

Next Contents

「ものづくり」エリアである燕三条の企業を対象とした、
デザイン経営伴走支援プログラム「DM Factory」の参加企業の募集を開始