MVMNTユニットリーダーの原亮介が、クリーク・アンド・リバー社主催のオンラインセミナー「Director’s Beer Bash」に登壇します。

「Director’s Beer Bash」は、プロジェクトマネジメントやディレクション業務に関わる方を対象に、業界の未来とキャリアについて、ビール片手にゆるくもアツく語り合うウェビナーです。2021年2月からシリーズで開催し、2023年はWeb業界の枠を超え、様々な業界で活躍するプロジェクト推進者をゲストに迎え、多様な解釈やスタイル深掘りすることでプロジェクトマネージメントの奥深さを紐解いていきます。

今回のトークテーマは、「アートの可能性を最大限に引き出す、プロジェクトマネジメントの力」。原は、自身がリーダーを務める、クリエイター/アーティストとの共創でムーブメントを起こすMVMNT(ムーブメント)での取り組みなどをお話しする予定です。

「Director’s Beer Bash ♯10 アートの可能性を最大限に引き出す、プロジェクトマネジメントの力」について

日時:2023年8月24日(木) 19:00~20:30
場所:オンライン開催
参加費:無料
定員:100名
応募締め切り:2023年8月24日(木) 18:00

スケジュール:

1.クリーク・アンド・リバー社会社紹介 / toorun紹介
2.株式会社ロフトワークのご紹介 / 登壇者自己紹介
3.アート業界でのPjMの仕事
4.クリエイター/アーティスト共創でムーブメントを起こす「MVMNTムーブメント」事業とは
5.アート × プロジェクトマネジメントのこれから
6.クロージング

参加対象者:

  • プロジェクトマネージメントやディレクションのお仕事に関わる方、興味をお持ちの方
  • アート業界に興味をお持ちの方

主催:株式会社クリーク・アンド・リバー社
お問い合わせ:株式会社クリーク・アンド・リバー社 マーケティンググループ Email:webinar_cr@hq.cri.co.jp

登壇者

原 亮介 MVMNTユニットリーダー

関西のファッション/カルチャーマガジン編集長、ロボットテクノロジー関連ベンチャー、戦略PRコンサル会社を経て、2014年6月よりロフトワーク所属。マーケティング視点を軸に、クリエイティブな価値創出〜価値浸透まで幅広いプロジェクトを手がける。“ヒトを動かす”と“ユースカルチャー”が生涯の学習テーマ。

プロフィール

Keywords

Next Contents

創立24周年。今ロフトワークが考えていること