天野氏の事務所にて
天野氏の事務所にて

5月21日、ロフトワーク代表取締役の諏訪光洋がアーティスト天野喜孝氏へインタビューを行いました。「FINAL FANTASY」シリーズのイラストで有名な天野氏ですが、2008年、2009年連続でアートフェア「101TOKYO」に海外のギャラリーから出展。出展された作品に惹かれた諏訪が芸術家として創作を行う天野氏に興味を持ったことがきっかけとなり、今回のインタビューが実現しました。

黒で統一された、天野氏の事務所の一室でインタビューは行われました。温度を感じさせない黒い内装や家具とは対照的に、天野氏は自身は穏やかな雰囲気の方で、同時に指についたままの絵の具が天野氏の謙虚さや創作に対する高い意識を物語っているように思われました。

インタビューでは天野氏のコンテンポラリーアートに対する想い。そして、仕事としての創作と自由な創作について、天野氏が日頃から感じていることが語られていきました。
天野氏の言葉は、現在1万2000人が登録するクリエイターネットワークを運営する、ロフトワークにとって、一人のクリエイターの生き方を表すとても魅力的なものでした。

インタビューの内容は、ロフトワークが運営するクリエイターポータル「loftwork.com(ロフトワークドットコム)」に特集「「諏訪×天野氏対談:ファインアートに挑むジャパンカルチャーの巨匠」として掲載されています。

アトリエで旅行時のデッサンを紹介する天野氏
アトリエで旅行時のデッサンを紹介する天野氏

* * *

(以下、本文より抜粋)

諏訪 ロフトワークに登録しているクリエイターさんも、イラストをやりながら、ウェブ関連のこともやったり、デザインもやったり、3つぐらいの仕事をしていたりします。どうやって自分がフォーカスする部分というか、強みというか、「これをやりたいんだ!」っていうところをつくっていけばいいのでしょうか?

天野 絵描きに関していうと「すべて絵」だから、絵に照準を合わせれば大丈夫と思うんです。メディアは変わります。新しいメディアが出てくる一方で、なくなってしまうメディアもある。だからメディアはあまり信用しないようにして(笑)、あくまで絵描きを目指してやっていけばいいと思うんです。

ロフトワークについて

オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・カンパニー。
グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材と向き合うクリエイティブサービス「MTRL(マテリアル)」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD(アワード)」を運営。世界中のクリエイターコミュニティと共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。

株式会社ロフトワーク 広報:pr@loftwork.com

Next Contents

“Neos Sapporo Developers Park”開所記念「新時代のモノづくりと働き方」
弊社代表諏訪とヒダクマ代表岩岡が登壇