ロフトワークが運営するクリエイティブラウンジ「MTRL」のブランドビジュアルが、国際デザインコンペティション「A’ Design Award 2017」(エーダッシュデザインアワード、本部・イタリア)のグラフィック・ビジュアルコミュニケーションデザイン部門において銀賞を受賞しました。

A’ Design Awardは、優れたデザインや技術、創造性を表現した製品やプロジェクト、サービスを表彰するグローバルアワードです。銀賞は当アワードで評価されたデザインのうち上位5%に贈られるもので、匿名の審査員に加え、学術機関の権威や専門家などによる様々な審査を経て選出されます。受賞者は、「World Design Rankings」や、「Design Classification」 、「DesignMag.org」などのリストに名を連ねます。

MTRLのブランドビジュアルは、2016年11月にもDesign for Asia Awardにて銀賞を受賞しています。受賞デザイナー・前尾氏のメッセージはこちらよりご覧ください。

Team Members
Art direction / Design: 
Hiromi Maeo(enhanced Inc.

Creative Direction:
Tatsuya Iwasaki

Produce:
Akira Moriuchi(Loftwork Inc.)

Photo: 
Nobutada Omote(OMOTE Nobutada Photography
Akira Moriuchi, Mayumi Ishikawa, Takashi Maki(Loftwork Inc.), Tatsuya Iwasaki

Official Web Design:
Dai Yoshinaga(ADRIATIC

Architecture: 
Fumihiko Sano(studio PHENOMENON

A’ Design Award & Competitionとは

A’ Design Award & Competitionは、優れたデザインが生まれること、良質なデザインとは何か?という視点や認識を人々へ促すことを目的に設立されました。
Good Spatial Design(建築、インテリア、都市、ランドスケープ)、Good Industrial Design(プロダクト、家電、乗り物、機械装置)、Good Communication Design(グラフィック、インタラクション、マーケティング)、Good Fashion Design(服飾、ファッションアクセサリー、フットウェア)、Good System Design(サービス、デザイン戦略、クオリティ&革新性)、そして芸術・文学といった分野で優れたデザインを表彰するアワードで、プラチナ、ゴールド、シルバー、ブロンズ、アイアンの5つの賞が各部門で贈られます。

MTRLのブランドビジュアルは、グラフィック・ビジュアルコミュニケーションデザイン部門において銀賞を受賞しました。

アワードの詳細は以下よりご覧ください。
http://www.whatisadesignaward.com

MTRLのアイデンティティ

「MTRL」は、新旧 / 有形無形のすべてを”素材”と捉えて向き合うクリエイティブラウンジとして、2015年12月に京都と東京にオープンしました。MTRLは、素材と新しいテクノロジー、新しいクリエイティブをつなげる場であり、そしてクリエイターやアカデミック、企業がコラボレーションし、新しい潮流を生み出していく場でもあります。

MTRLのビジュアルアイデンティティ構築にあたり、MTRLは物質的素材以外に幾つかの“Material”を内包していることに着目し、まずそれぞれのMaterialの系統的な整理を行いました。

1.本来の意味であるPhysical Materials(伝統素材、新素材)
2.Human Materials (Creators and academics)
3.Corporate Materials (新技術や伝統素材を提供する企業)
4.General Materials (founder of MTRL)

MTRLのアイデンティティにおいて、これら4つはマテリアルシンボルとして表現されます。マテリアルシンボルは、多様な物質的Materialを視覚的に簡略化したものであり、その他3つのMaterial(Human Materials/Corporate Materials/General materials)の多様性を象徴したものと捉え、この集合こそがMTRLのシンボルとなります。
MTRLにおいては4つのマテリアルが集い、影響し合い、相乗効果を生みながら、次々に変化します。そのため、その状態を表すためにマテリアルシンボルの組み合わせも動的に自由に変化します。この変化や組み合わせを用いたパターンは、人々の想像を喚起し、イマジネーションを促進させるアイコンとなります。
それぞれが対等な立場で共創しながらイノベーティブなビジネスを生み出す場であり、イノベーションの源泉であるMTRLを表すユニークなアイデンティティであると考えます。

Next Contents

8年をかけて醸成されてきた「京都らしさ」とは?
ロフトワーク京都立ち上げメンバー座談会

Loftwork magazine 月に2回、最新情報をお届けするメールマガジン