2018年4月17日〜22日、イタリア・ミラノで開催される「Materials Village」に東洋アルミニウム株式会社が出展します。ロフトワーク(MTRL)は、ブース設計および展示物のデザインを担当しています。

Materials Villageとは、Material ConneXion Italiaが主催するミラノ・サローネおよびミラノ・デザインウィーク会期中の企画展です。20社以上の世界の最先端の技術を使った素材メーカーなどが集い、来場者の業界は建築、インテリアデザイン、家具、テクノロジー、ファッション、スポーツや自動車など様々です。

ロフトワークがサポートしている東洋アルミニウム社が展示するのは、「クロマシャイン®️」という見る角度によって色が変化するメタリック顔料。基材とコーティングの多層構造で構成される顔料は、有機顔料を使用していないにも関わらず、光の反射の作用によってシャボン玉のように様々な色合い(干渉色)を生み出します。

今回の展示では、干渉色の効果を最大限に活かすため、総長30メートルのディスプレイファブリックを制作。染料ではなく顔料であるクロマシャイン®️を布へ塗布する技術を、建築家・古市淑乃氏(古市淑乃建築設計事務所)と開発し、デザイン、展示を実現しました。

ブース内では、京都の京染工房 中秀が金彩職人と共に手がけたクロマシャイン®️をあしらった反物も展示予定です。Materials Villageにご来場の際は、ぜひ東洋アルミニウム社のブースへお越しください。

展示概要

“Colors by Reflection” with CHROMASHINE®️ from Toyo Aluminium K.K.

  • 日時
    2018年4月17日(火)〜22日(日) 10:00 – 21:00
    ※4月22日のみ18:00まで
  • 会場
    メイン:Superstudio Più, via Tortona 27, Milano
    ブース:MATERIALS VILLAGE内 Viewbox F
  • 参加費
    無料
  • Webサイト
    >>展示全体
    >>ブース詳細

クリエイター

古市 淑乃

古市 淑乃

古市淑乃建築設計事務所

ロフトワークメンバー

寺井 翔茉

株式会社ロフトワーク
京都ブランチ事業責任者

Profile

井田 幸希

株式会社ロフトワーク
プロデューサー

Profile

Next Contents

全社合宿レポート! 今年のテーマは『101人の表現のひき出し』
諏訪湖を舞台に全員で“彫刻”になってきました

Loftwork magazine 月に2回、最新情報をお届けするメールマガジン