株式会社ロフトワーク(東京都渋谷区)、株式会社Psychic VR Lab(東京都新宿区)、株式会社パルコ(本部所在地:東京都渋谷区)による共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」は、2019年の活動を始動します。

本年の活動第1弾として、株式会社Psychic VR Labが主催の、VRを総合芸術として学べる「NEWVIEW SCHOOL(ニュービュー・スクール)」を、2019年6月より東京・京都で開講し、受講生の募集を開始します。

本スクールは、3次元空間(VR)での新たなクリエイティブ表現と体験のデザインを開拓する実験的プロジェクト/コミュニティ「NEWVIEW」の活動の一環として行う、次世代クリエイターの発掘・育成のためのプログラムです。昨年初開催にも関わらず、世界7カ国219作品エントリーという盛り上がりを見せたファッション/カルチャー/アート分野のVRコンテンツのアワードの第2弾「NEWVIEW AWARDS 2019」(後日詳細発表)とも連動し、新たな表現の開拓とコミュニティとしての拡がりを加速します。

多彩な分野の講師陣から、VR表現に必要なスキルと考え方を学ぶ

「NEWVIEW SCHOOL」のキャッチコピーは、“「体験のデザイン」としての総合芸術=VRを学ぶ。あたらしい表現の学校” です。アート・音楽・建築・ファッションなどの多彩な分野から、デジタル技術を果敢に取り入れた表現を続ける第一線の講師陣を迎え、総合芸術的な側面のあるVR表現のための多様かつ本質的な考え方を学べるカリキュラムを用意しています。VRコンテンツ制作と配信のプラットフォームである「STYLY」をはじめ「Unity」などのツールのテクニカル講座も行い、次世代のクリエイターを育成していきます。受講生は、卒業制作として「NEWVIEW AWARDS 2019」へ応募する作品を制作します。講師を務める倉本美津留(放送作家)、大月壮(映像作家)、豊田 啓介(建築家)、谷口暁彦(メディアアーティスト)は「NEWVIEW AWARDS 2019」の審査員も兼任します。

NEWVIEW SCHOOL 概要

■募集ウェブサイト
https://newview.design/school/2019/

■スクールの特徴
・多彩な分野のトップクリエイターが講師陣
・VRコンテンツ制作・配信サービス「STYLY」をはじめ「Unity」も基礎〜応用まで
・卒業制作として「NEWVIEW AWARDS 2019」に応募する作品を制作

■開講日
東京:2019年6月8日(土)〜(全10回)
6月毎週土曜日16:00〜19:00、7月以降隔週土曜日16:00〜19:00、2019年9月末まで

京都:2019年6月9日(日)〜(全10回)
6月毎週土曜日16:00〜19:00、7月以降隔週土曜日16:00〜19:00、2019年9月末まで
※京都は、ゼミとテクニカル講座以外はオンライン講義

■会場
東京 : TIMEMACHINE(タイムマシン)東京都新宿区1-34-3 第24スカイビル3階
京都 : MTRL KYOTO(マテリアル京都)京都府京都市下京区本塩竈町554

■定員:
東京30名、京都30名

■料金
東京: 50,000円(税込)
京都: 25,000円(税込) 
※講義一式の料金です
※一部講義に必要なソフトウェア等をご購入いただきます。10,000円以下を想定

講師紹介

ゼミ講師

ゼミ講師は講義の他、作品制作へのフィードバックをするゼミを受け持ちます。

倉本美津留(放送作家)
大月壮(映像作家、映像ディレクター)
豊田 啓介(建築家 / noiz )
※豊田啓介氏のゼミはnoizゼミとして実施
谷口暁彦(アーティスト)
中田拓馬(インタラクションデザイナー ・映像演出家・VJ / CEKAI)
千合洋輔(映像デザイナー・映像作家 / CEKAI)

ゲスト講師

菅 俊一(コグニティブ・デザイナー 、 表現研究者、映像作家)
evala(音楽家、サウンドアーティスト)
長見佳祐(ファッションデザイナー・HATRA / YUKA&ALPHA社 CLOアドバイザー)

ほか、随時発表予定。

カリキュラムとスケジュール

基礎講座、ゲスト講座、テクニカル講座、ゼミからなるカリキュラムを行います。
※内容とスケジュールは変更となる可能性があります。

6/8(土)@東京、6/9(日)@京都
開校式・オリエンテーション
6/15(土)
基礎講座:知覚とデザイン(菅俊一氏)/ テクニカル講座:STYLYとUNITYの基礎
6/22(土)
基礎講座:エモーション(大月壮氏・倉本美津留氏)/ テクニカル講座:3DCG編
6/29(土)
基礎講座:空間とイマーシブ(豊田啓介氏)/ テクニカル講座:Unity、PlayMakerでのオブジェクト制御
7/6(土)
基礎講座:インタラクション(谷口暁彦氏)/ テクニカル講座:Unity 、 PlayMakerでのインタラクション
7/20(土)
ゲスト講座:サウンド(evala氏)/ テクニカル講座:Unity 、 PlayMakerでの音とパーティクル/
各ゼミでのフィードバックタイム 
8/3(土)
ゲスト講座:ビジュアル (講師後日発表)/ テクニカル講座:Unity、Playmakerでのライティング/各ゼミでのフィードバックタイム
8/17(土)
テクニカル講座:Unity、Playmakerでのマテリアル、シェーダー、テクスチャ
8/31(土)
ゲスト講座:ファッション(長見佳祐氏)/ テクニカル講座:Unity 、 PlayMakerでのアニメーション/各ゼミでのフィードバックタイム
9/14(土)
テクニカルサポート/各ゼミでのフィードバックタイム
3Dスキャンなどの製作ツールの開放

NEWVIEW AWARDS 2019について

■募集対象
VR空間を駆使した新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を使って制作・公開されたVRコンテンツ作品が対象です。制作プロセスにおいてSTYLY以外のツール(3DCG、ゲームエンジン、DAW  etc.)を使用することは構いません。すでに発表済みの作品も応募可能です。「STYLY」 Official Site  

■賞について
ゴールド / Gold      (1作品) 賞金 20,000USD    シルバー / Silver  (3作品) 賞金   5,000USD 他

■スケジュール
募集期間:2019年7月1日(月)~ 2019年9月30日(月)12:00(日本時間正午)
※詳細は後日発表いたします

お問い合わせ

ロフトワーク広報|pr@loftwork.com

NEWVIEW事務局info@newview.design

プレスリリースやロゴなどが入った、プレスキットは以下よりダウンロードください。
https://bit.ly/2PcCIWZ

Next Contents

森をもっと身近に。ヒダクマの新たなチャレンジ。
カフェトレッキングに参加してきました!

Loftwork magazine 月に2回、最新情報をお届けするメールマガジン