雑誌『月刊 事業構想』(2019年9月号)に、特許庁顧問・宗像直子氏と弊社代表 林千晶の対談が掲載されました。

2018年5月に経済産業省・特許庁が「デザイン経営宣言」を公表。多くのメディアでも話題となり、デザインを経営に取り入れることへの関心が高まり、企業の導入事例も増えてきています。発表から1年、特許庁自身も「デザイン経営」に取り組み、また様々な企業でも動きが出てきた今、改めて「デザイン経営」とは何か、そこに秘められた可能性はどういったものがあるのか、特許庁宗像顧問(※対談当時は特許庁長官)と、弊社 代表林千晶氏との対談を行いました。ぜひご覧ください。

Next Contents

創造的思考で課題解決するには?
ディレクター基真理子「続・enocoの学校 2019」に講師登壇

Loftwork magazine 月に2回、最新情報をお届けするメールマガジン