代表 林千晶が委員として参画している、「産業競争力とデザインを考える研究会」(主宰:経済産業省・特許庁)は、2017年7月から約1年の活動を通して作成した報告書を公開しました。

「産業競争力とデザインを考える研究会」は、デザインによる日本企業の競争力強化に向けた課題の整理とその対応策の検討を行うことを目的に、「デザイン」に様々な形で携わり第一線で活躍するスペシャリストたちを招聘して発足した政策提言のための研究会です。

「デザイン」の対象や領域は日々広がり、その広さゆえに言葉だけがひとり歩きをして、掴みどころがない難解なものになっていないでしょうか。そんな、拡大する「デザイン」の持つ本質的な価値、企業経営やビジネスに与えうるインパクトについて、全11回にわたって議論が進められてきました。

2018年5月23日、「『デザイン経営』宣言」として報告書を取りまとめ、先行事例集と共にWebで公開しました。これに合わせて、林千晶のコラムも公開しています。

「デザインは、経営にとって重要な資源である。世界のリーダー企業はとっくにそのことに気づき、投資を増加させている。それなのに、日本企業の多くはいまだ技術力をイノベーションの手段として捉え、デザインの重要性を認識していない。(中略)」 研究会メンバー間で意識が共有され、議論はさらに加速した。

林千晶 ──「デザイン経営」宣言に寄せて

当研究会は今後さらに議論の場を広げるべく、「デザイン経営」の推進活動を進めていきます。その最初のステップとして、6月13日7月13日にオープンなイベント*を用意しました。最新情報は随時ニュース・イベントページなどでお知らせいたします。ぜひご参加ください。

*本イベントは多数の申込をいただき満席となりました。なおキャンセル待ちの受付はいたしておりません。

「デザイン経営」宣言 報告書・先行事例は以下からPDFをダウンロードできます

「デザイン経営」宣言(PDF・2.9MB)

「デザイン経営」の先行事例 (PDF・365KB)

ロフトワークについて

ロフトワークは、オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・エージェンシーです。
グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材と向き合うクリエイティブ・ラウンジ「MTRL(マテリアル)」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD(アワード)」、クリエイティブな学びを加速するプラットフォーム「OpenCU」を運営。世界中のクリエイターコミュニティと共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。

株式会社ロフトワーク 広報:pr@loftwork.com

Next Contents

「NEWVIEW AWARDS 2018」
追加審査員にDavid OReilly(デビッド・オライリー)氏が決定!

Loftwork magazine 月に2回、最新情報をお届けするメールマガジン