鈴与株式会社本社5階 CODO (©︎Kenta Hasegawa)

鈴与株式会社と共同プロジェクトとして、2018年5月よりオフィス改革プロジェクトに取り組んできました。この度、本社5階のリニューアルと別館オフィスの建替えが竣工します。本プロジェクトでは、「働く空間を大胆に変えて、社員の行動や、思考さえも変わる環境をつくる」ことに挑戦。また、別館オフィスは、静岡市内ではじめて国土交通省よりZEB(Net Zero Energy Building)認証を取得しています。

2019年10月11日(金)に本プロジェクトのプレス発表会を実施します。

また、今回のオフィス改革プロジェクトと併せて、働く環境の変化がきっかけとなり社員の意識改革を目指し、社長直下の特別プロジェクト(SIP)を立上げ、活動を社内外に広く発信する計画も進めています。SIPに関しても、プレス発表会にてご紹介します。

鈴与株式会社本社5階 CODO (©︎Kenta Hasegawa)
鈴与株式会社本社5階 CODO (©︎Kenta Hasegawa)

グランドコンセプトは「HOME GROUND」

オフィスリニューアルプロジェクトを進めるにあたり、“どんな働き方がしたいか”よりも“その場が個人や組織にとってどのような意味を持つべきか”を鈴与株式会社代表取締役社長である鈴木 健一郎氏と共に考えてきました。一方で、オフィスの現状調査に始まり、全社員へのアンケート、有志社員とのワークショップなど、様々なリサーチを行いました。鷹の目で見渡す社長のビジョンと、蟻の目をもつ現場の声を巻き込みながら、1つのコンセプトと6つのキーワードができあがりました。

グランドコンセプトは「HOME GROUND」
鈴与のすべての社員が最大限のパフォーマンスと誇りをもって、安心して挑戦できる“本拠地”=ホームグラウンドのような存在を目指してプロジェクトをデザインしました。

空間に落とし込むための「6つのキーワード」
アンケートやワークショップを通して抽出した6つのキーワードから、多様なワークスタイルが内包できる空間デザインに落とし込みました。
①豊かな表情|これまでとこれからの鈴与の顔
②集中と発散|働くスタイルに合った居場所が見つかる
③安⼼感|地域と働く人に安⼼と安全を提供
④時代への応答|社会の変化に応じたアップデートを想定
⑤可変性可動性|ひとりで動かして変えられる手軽さ
⑥寛容さ|実験してもいい「やってみたい」が実現できる空間

最大限の集中力をもって仕事の成果をあげることができ、時に心身を休めたり、ストレス緩和や発散ができる場所こそホームと言えるでしょう。そして働きやすい職場環境はもちろんのこと、変化が早く不確実な時代において、人も組織も変化し成⻑しながら、大胆に行動できる場づくりを目指してデザインしました。

本プロジェクトの詳細については、事例記事として紹介予定です。

プレス発表会

日  時:2019年10月11日(金) 14:00~15:00 (開場 13:30)
会  場:鈴与株式会社 本社5階(CODO)
(静岡県静岡市清水区入船町11-1 5階)
実施内容:
1. 概要説明
2. ご挨拶
3. SIPプロジェクトの紹介
4. 空間の紹介
5. 空間案内ツアー(本社5階、別館オフィス)

メディアプレスキット

http://bit.ly/2n2ckVX

プロジェクトチーム

・プロデュース/プロジェクトマネジメント/クリエイティブディレクション
 ロフトワーク Layout Unit

・建築監修/内装設計/家具設計
 後藤周平建築設計事務所 https://shuheigoto.com/

・木材コーディネーション/家具製作/家具製作ディレクション
 飛騨の森でクマは踊る https://hidakuma.com/

・カーテンデザイン
 Studio Akane Moriyama http://akanemoriyama.com/

・サインデザイン
 hokkyok http://hokkyok.com/

・写真撮影
 OFP http://o-f-p.jp/

Next Contents

新型コロナウイルス感染拡大にともなう対応について