「街なかをピースにするデザイン」にチャレンジする広島県の事業者を募集

3/16 審査員長・深澤直人氏のメッセージを追記しました

ロフトワークは、広島県とともに、県内事業者が主体的に「デザイン」を活用し、クリエイターと共同で新たな製品やサービスの開発に挑戦するプロジェクト「HIROSHIMA DESIGN CHALLENGE」を2021年3月8日(月)より開始いたします。 「イノベーション立県」を掲げる広島県は、持続可能な経済社会を実現するため、新たな価値やサービスが沸き起こるイノベーション・エコシステムの構築に向けた取り組みの一環として「ひろしまサンドボックス」の取り組みを2018年から実施してきました。この動きに加え、本プロジェクトを通して、イノベーションの原動力となる「クリエイティブな人材」を広く求め、県内事業者との共創により創造性豊かな広島発のクリエイティブを発信していきます。

今回のテーマは「街なかをピースにするデザイン」。原爆の投下から75年。壊滅的な状況から復興を成し遂げた平和拠点として世界中から認知される広島県は、これからも平和に貢献していく使命があると考えています。広島デザインについて考えていくうえでも「平和」というキーワードは不可欠な要素「piece ( ピース)」ととらえ、テーマの中心に「Peace(平和)」を据え、世界に発信できる街なかの空間や設置物等の開発に挑みます。

審査員およびアドバイザーとしてデザイナーの深澤直人、建築家の谷尻誠、吉田愛(SUPPOSE DESIGN OFFICE)、編集者の柴田隆寛ら世界を舞台に活躍するクリエイターを迎え広くアイデアを求めます。

現在、広島県内の参加事業者を募集中。4月12日(月)からは、クリエイターの募集を開始いたします。

※本プロジェクトは広島県が進めているデザインプロモーション事業の一環として実施されます。

HIROSHIMA DESIGN CHALLENGE 2021 公募情報

HIROSHIMA DESIGN CHALLENGE は、「街なかをピースにするデザイン」をテーマに、広島県の事業者が主体的に「デザイン」を活用し、クリエイターと共同で空間や設置物等の開発に挑戦するプロジェクトです。

事業者公募

募集期間:2021年3月8日(月)~ 3月26日(金)
プロジェクトに参加する事業者の募集を行います。参加を希望される事業者の方は下記URLより参加条件をご確認のうえ、エントリーフォームに必要事項を登録いただきご応募ください。

公式ウェブサイト:https://awrd.com/award/hiroshima-design-2021

クリエイター「デザインアイデア」公募

募集期間:2021年4月12日(月)~ 5月30日(日)
事業者公募で集まった事業者の対象物に対して、全国のクリエイターからデザインアイデアを募集します。

テーマ:「街なかをピースにするデザイン」

スケジュール(予定)

※スケジュールは変更になる可能性があります。

事業者公募
2021年3月8日(月)~3月26日(金)
デザインアイデア公募
2021年4月12日(月)~5月30日(日)
ミートアップイベント
2021年4月22日(木)(事業者 × クリエイター)
審査結果
2021年6月中旬予定
合同ワークショップ
2021年6月21日(月)~6月25日(金)の中で2 日間を想定
開発・実装期間
2021年6月中旬~2021年8月下旬
発表・報告会
2021年8月下旬〜9月上旬頃を想定

審査員およびアドバイザー(敬称略)

審査員長
深澤直人 デザイナー

1956年山梨県生まれ。セイコーエプソン、ID Two (現IDEOサンフランシスコ)、IDEO東京オフィス立ち上げを経て、2003年にNAOTO FUKASAWA DESIGNを設立。
人の想いを可視化する静かで力のあるデザインや思想に定評があり、国際的な企業のデザインを多数手がける。電子精密機器から家具、インテリア、建築に至るまで手がけるデザインの領域は幅広く多岐に渡る。デザインのみならず、その思想や表現などには国や領域を超えて高い評価を得ている。
英国王室芸術協会の称号を授与されるなど受賞歴多数。2018年、「イサム・ノグチ賞」を受賞。多摩美術大学教授。多摩美術大学理事。日本民藝館館長。

審査員長メッセージ

ピースという言葉から「平和」をイメージする人は多いと思います。広島から発せられるピースとなればなおさら平和や反戦といったイメージが強いかもしれません。しかし今回のデザインのテーマは「『街なか』をピースにするデザイン」ですからむしろ「デザインで住みやすく美しい街を作りましょうよ」という広島県からのメッセージにも聞こえてきます。

デザインという言葉も昨今では曖昧でポジティブな捉えられ方だけではなくネガティブに捉える人も少なくありません。自然の中にデザインされた人工物が置かれたりすると「何もしないでそのままがいいのに」とデザインされたものに眉をひそめる人も少なくありません。

この、広島の試みに賛同し参加していただく事業者やデザイナーの皆さんには、まずデザインありきからスタートせず、いい街にとって何が必要で何が不要なものか、から考えていただければよいのではないでしょうか。この街で営まれる生活の中で何が魅力的なモノ・ゴトで、何に人は違和感を感じているかを考えることからはじめてほしいと願っています。

「街なか」を考える上で大切なことが二つあると思います。一つは各々が創造したもの(建物や公共物を含む)双方がコンフリクト(対立)を起こしてしまうこと。よかれと思って作ったもの同士が対立して全体の調和を乱してしまうということです。もう一つは街や社会はインティグレート(統合)されたものでなければならないということです。全体(環境)から生活の部分を考える謙虚な姿勢が必要となります。「街なかの平和」にとって何が最適解かを導き出すことが今回のプロジェクトの鍵だと思います。

人は美しい方に向かって歩んでいく感性を持った動物だと思います。無意識に感じている幸せとは何かを自覚してこのプロジェクトに取り組んでほしいと思います。

谷尻誠、吉田愛(SUPPOSE DESIGN OFFICE)

住宅、商業空間、会場構成、ランドスケープ、プロダクト、インスタレーションなど、仕事の範囲は多岐にわたる。広島・東京の2ヵ所を拠点とし、インテリアから住宅、複合施設など国内外合わせ多数のプロジェクトが進行中。これまで手がけた作品は住宅だけでも100棟を超え、2010年ミラノサローネでの光のイスタレーション〈Luceste : TOSHIBA LED LIGHTING〉や〈まちの保育園〉などの公共施設、海運倉庫を改修した複合施設 ONOMICHI U2をオープンさせるなど地域と人の関わりをつくる仕事なども手がける。

柴田隆寛 編集者

1974年兵庫県生まれ、東京育ち。学習院大学経済学部経済学科卒業。ぶんか社『Asayan』、講談社『HUGE』等の編集を経て、マガジンハウス『アンドプレミアム』のエグゼクティブレクターに就任。創刊から約3年半 にわたり同職を務める。2015年に編集事務所「Kichi」を設立。紙・ウェブ・広告・ブランディング・イベントのディレクションなど、ジャンルやメディアに縛られず「広義の編集」を実践中。主な編著書に『TOOLS 2019』『柚木沙弥郎 92年分の色とかたち』『リサ・ラーソン作品集』などがある。クリエイティブコミュニティ「MOUNTAIN MORNING」のメンバーとしても活動している。

主催・運営について

主催:広島県

広島県デザインプロモーション事業について

広島県デザインプロモーション事業は、広島の企業や行政等様々な主体が「デザイン」を活用することで、デザインの仕事などに関わる人材の活躍の場や魅力的な都市環境を創出する事業です。
人口減少や産業構造の変化のなかで、広島が現在の経済規模を維持していくためには、イノベーションによる成長が不可欠であり、広島の都市がイノベーションの原動力となる創造的な人材、中でもイノベーションに効果的と言われる「デザイン」に関わる人材を惹きつけていくことが求められています。本事業をとおして、県内におけるデザインを活用した 成功事例を生み出し、県内の様々な主体のデザインへの関心を高め、その活用を促すとともに県内外の多くの人が広島のデザインへ関心を持つよう取り組みます。

ひろしまサンドボックスについて

ひろしまサンドボックスは、デジタル技術をみんなで試すことができる”共創”の砂場です。
「作ってはならし、みんなが集まって、創作を繰り返す、「砂場(サンドボックス)」のように何度も試行錯誤できる場」というコンセプトのもと、AI/IoT、ビッグデータ等の最新のテクノロジーを活用することにより、広島県内の企業が新たな付加価値の創出や生産効率化に取り組めるよう、技術やノウハウを保有する県内外の企業や人材を呼び込み、様々な産業・地域課題の解決をテーマとして共創で試行錯誤できるオープンな実証実験の場を構築します。
URL:https://hiroshima-sandbox.jp/

運営:株式会社ロフトワーク

オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・カンパニー。グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材メーカーとクリエイターの共創を支援しイノベーションを生み出すグローバルプラットフォーム「MTRL(マテリアル)」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD(アワード)」を運営。世界中のクリエイターコミュニティと共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。
https://loftwork.com/jp/

パートナー:AWRD

AWRD は、株式会社ロフトワークが運営する、クリエイティブなコンペティションやハッカソンを世の中に届けるプラットフォームです。プロジェクトを通して「主催者」と「クリエイター」をつなぎ、多彩なクリエイティブ・アワードや共創プロジェクトを展開します。

お問い合わせ

ロフトワーク広報 pr@loftwork.com

Next Contents

サーキュラー・デザインを考えるコンソーシアム、
「crQlr(サーキュラー)」がWebサイトを公開

お困りですか?