株式会社ロフトワーク、株式会社Psychic VR Lab、株式会社パルコによる共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」は、2021年11月1日まで公募を行っている、ファッション/カルチャー/アート分野のXR(VR/AR/MR)コンテンツを募るグローバルアワード「NEWVIEW AWARDS 2021」の審査員に、アニメ監督の磯光雄氏が就任することを発表しました。

『電脳コイル』の未来が現実に迫るなかバーチャルがリアルを超える作品に期待。

磯光雄氏は原作・脚本・監督デビュー作となった『電脳コイル』(2007年放映)で、「電脳メガネ」というウェアラブルデバイスが普及した202x年の日常を描き、2007年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞、第7回東京アニメアワードTVアニメ部門優秀賞、第39回星雲賞メディア部門、第29回日本SF大賞受賞作品を受賞。後のXRアーティストに多大な影響を与えた存在です。現在2作目となるオリジナルアニメ『地球外少年少女』の公開を2022年初春に控えるなかで、XRコンテンツアワードの審査員を務めていただくこととなりました。

磯光雄氏からのメッセージ

我々は今、はじまりの時代に生きている。
このイベントに参加する君たちは、
バーチャルがリアルを超える何かであることをすでに知っている筈だ。
次はどう超えるかを君たちが示す番だ。
我々はもう、未来からは逃れられない。

磯 光雄
1966年、愛知県生まれ。フリーのアニメーター・演出・脚本家。1990年~1992年はスタジオジブリに在籍。『新世紀エヴァンゲリオン』、『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』、『KILL BILL vol.1』ほか数多くの作品に参加。その徹底的にこだわった作画はアニメファンや業界から高い支持を受けている。2007年、自身で原作・脚本・監督を手掛けた『電脳コイル』を発表し、2007年度文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞、第7回東京アニメアワードTVアニメ部門優秀賞、第39回星雲賞メディア部門、第29回日本SF大賞、第13回アニメーション神戸個人賞ほか各賞を受賞している。現在は2022年公開予定の原作・脚本・監督作品の最新作『地球外少年少女』を製作中。

【主な参加作品】
『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』 (1989年)原画(1話、4話、5話)
『おもひでぽろぽろ』 (1991年)原画
『紅の豚』(1992年)原画
『走れメロス』 (1992年)原画
『新世紀エヴァンゲリオン』 (1995年)
脚本(13話)、設定補(13話、15話)、
原画(1話、19話、ビデオフォーマット版21話)
『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air』(1997年)原画
『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(1995年) 銃器デザイン、原画
『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 THE END OF EVANGELION』(1997年) 原画
『ラーゼフォン』(2002年)脚本(15話)、デジタルワークス、CGI、コンテ
『KILL BILL vol.1』(2003年) 原画
『花とアリス』(2015年)作画協力              

ほか多数

オリジナルアニメ『地球外少年少女』

2022年初春公開予定
©MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会
公式サイト:chikyugai.com
公式Twitter:https://twitter.com/Chikyugai_BG

主催

NEWVIEW PROJECT 

NEWVIEWについて

3次元空間での新たなクリエイティブ表現と体験のデザインを開拓する実験的プロジェクト/コミュニティーとして2018年1月始動。多様なジャンルのアーティストと実験的作品を仕掛け、新たな表現を社会提示する活動のほか、「NEWVIEW AWARDS」、XRを総合芸術として学ぶアートスクール「NEWVIEW SCHOOL」を展開し、次世代クリエイターの発掘・育成・交流・発信を行っています。

NEWVIEW AWARDSについて

NEWVIEW AWARDS 2021 PR MOVIE

NEWVIEW AWARDSの過去実績

NEWVIEWプロジェクト主催のファッション/カルチャー/アート分野のVRコンテンツアワードとして初開催した「NEWVIEW AWARDS 2018」は世界7ヶ国219作品のエントリー、第2弾の「NEWVIEW AWARDS 2019」は世界8ヶ国254作品のエントリー、AR作品も募りXRアワードとしてアップデートした第3弾「NEWVIEW AWARDS 2020」は、9ヶ国から合計145作品(AR:59作品、VR:86作品)のエントリーがありました。

Next Contents

サーキュラー・デザインを考えるコンソーシアム、
「crQlr(サーキュラー)」がWebサイトを公開

お困りですか?