FabCafe Globalと株式会社ロフトワークは、循環型経済をデザインするプロジェクトやアイデアを募集するアワード「crQlr Awards (サーキュラー・アワード)2022」を、昨年に続いて開催します。応募受付は、9月1日(木)から10月14日(金)までを予定しています。

循環型経済を目指すアイデアやプロジェクトを募集するグローバルアワード、第二回目の募集を行います。

2021年に、国内初の“サーキュラー・デザイン*”分野のアワードとしてスタートした、「crQlr Awards (サーキュラー・アワード)」は、 循環型経済を目指す企業や人をサポートし、実現を支援するアワードです。循環型経済の実現を目指す⼤規模なプロジェクトから計画中のアイデアまでを募集し、審査・表彰するとともに、持続可能な経済システムづくりを目指すプレイヤーたちが業界や国を超えてつながり、知識や技術を共有し、新たな価値を創出するコミュニティの形成を目指します。

昨年のアワードでは、企業や団体、スタートアップ、デザイナーなど世界24カ国から204点のプロジェクトが集まり、63のプロジェクトが受賞。受賞プロジェクトには、循環経済の取り組みを周知・PRしていく活動の後押しとなる「crQlr」認定キットが授与されました。

また、crQlr アワードでは、プロジェクトの表彰にとどまらず、応募者と審査員との新たな繋がりも生むこと、世界中で点在する循環型経済を目指すプロジェクトが可視化され、プロジェクト同士が有機的に繋がることを目指しています。昨年は、総括として受賞チームとアワード審査員によるフィードバック&ディスカッションを行う「crQlrサミット」を、2日間にわたり開催。オープンフィードバックセッションを含む、4セッションが行われ、世界各国のプレイヤーが、多様な視点から意見を交わす機会を創出しました。

今年のcrQlr アワードの応募受付と詳細発表は、9/1(木)を予定しています。詳細は、ロフトワークのニュースのほか、9/1にFabCafe.com、crQlrのWebページで発表いたします。

FabCafe ニュースページ

crQlr2021Webページ

※ サーキュラー・デザインとは…循環型経済(サーキュラーエコノミー)を目指す、製品やサービスのデザインのこと。デザインは仕組みの設計も含む。

crQlr Awards 2021実績

応募期間:2021年8月4日〜10月22日
応募総数:204プロジェクト/世界24カ国
審査員:Ana Laura Cantera、Anita de Wit、Cecilia Tham、David Benjamin、Enrique Lomnitz、Guillaume Charny-Brunet、Mariko McTier、Mohamed Muse Hassan、Richard Ekkebus、Singh Intrachooto, PhD、Willemijn de Iongh、安居昭博、加藤佑、南條史生、竹田達哉、Tim Wong、Kalaya Kovidvisith、Kelsie Stewart、棚橋 弘季
受賞数:63プロジェクト(受賞プロジェクトは下記のリンクをご覧ください)。
詳細URL:https://crqlr.com/2021/ja/announce/

 

「crQlrサミット 2021」レポート

アワード参加者の相互学習の機会、サーキュラー・エコノミーに関わる第一線のゲストや参加者と繋がる機会として、2日間にわたってオンラインで4セッションにわたり行われた、「crQlrサミット」のレポートをご紹介します。

crQlr Summit Report 0(東京開催)

持続可能な未来へのアップデートをどうデザインする? crQlr Awards 2021 総評 
レポート:https://fabcafe.com/jp/magazine/tokyo/crqlr-summit-0/

crQlr Summit Report 1(台北開催)

テーマ:「異分野連携によるアプローチ」 
レポート:https://fabcafe.com/jp/magazine/taipei/crqlr-summit-1

crQlr Summit Report 2 (京都開催)

テーマ:「循環型経済のための素材、そして素材のための循環型経済 」
レポート:https://fabcafe.com/jp/magazine/kyoto/crqlr-summit-2

crQlr Summit Report 3 (バンコク開催)

テーマ:「スケーラブルなインパクトの創出 」
レポート:https://fabcafe.com/jp/magazine/bangkok/crqlr-summit-3

crQlr Summit Report 4(バルセロナ開催)

テーマ:「システムデザインと天然資源」
レポート:https://fabcafe.com/jp/magazine/barcelona/crqlr-summit-4

主催

FabCafe Global
株式会社ロフトワーク

crQlrについて

「crQlr」は、循環型経済に必要な「サーキュラー・デザイン」を考えるコンソーシアムであり、アワードです。環境負荷の低いサービスやプロダクト、生産プロセスを実現し、多くの人々の共感を得るためには、売上などの見かけの数値目標の達成だけでなく、アートやデザインを採り入れた社会的なクリエイティビティ、そして未来へのビジョンの提示が必要であると我々は考えます。crQlrは、循環型経済を実現する「未来の作り手」に必要なクリエイティビティとビジョンを創造し、共有することを目指しています。
https://crqlr.com/ja/

FabCafe Globalについて

FabCafeは、世界中に拠点を持つクリエイティブコミュニティです。
人が集うカフェに、3Dプリンターやレーザーカッター等のデジタルものづくりマシンを設置。“デジタル”と“リアル”の壁を自由に横断し、未来のイノベーションを生み出します。地域のクリエイターやアーティスト、企業とともに、食、アート、バイオ、AIから教育まで、ものづくりの枠を超えたラボ活動も行っています。https://fabcafe.com/

株式会社ロフトワークについて

オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・カンパニー。グローバルに展開するデジタルものづくりコミュニティ「FabCafe」、素材の新たな可能性を探求する「MTRL(マテリアル)」、オンライン公募・審査でクリエイターとの共創を促進する「AWRD(アワード)」などのコミュニティやプラットフォームを運営。様々な才能と共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。 https://loftwork.com/jp/

 

Next Contents

複雑化する社会課題を、みんなで解決するために。
AWRDのビジネスページをリニューアルしました