ロフトワークは、マクセル株式会社が主催するアワード「クセがあるアワード:混」の企画運営を行い、2024年4月1日(月)〜5月17日(金)まで作品を募集します。

クセがあるアワード:混 について

マクセルは「アナログコア技術」「複雑で繊細な領域のモノづくり」という価値観を創業以来大切にしています。マクセルと次世代を担うアーティストやクリエイター、これまで出会わなかった感性やテクノロジー、創造性が混ざり合うことで、新たな価値を生み出すことを目指しています。

「クセがあるアワード:混」は、次世代のクリエイターやイノベーターのチャレンジをマクセルが支援する、アート&テクノロジーアワードです。記念すべき第1回目のテーマは「( )と( )をまぜてみた」。夏には京都・大山崎の「クセがあるスタジオ」にて、ファイナリスト8名によるグループ展を予定しています。アート&テクノロジーが介在していれば、形式は問いません。荒削りでもユニークと思えるクセ(=個性、創造性)がある作品をお待ちしています。

テーマ : 「( )と( )をまぜてみた」

日々、私たちは何かと出会い、新しいことを知ったり、覚えたり、感じたりしています。それは、いつもと異なる視点を得ることや自分の殻を破る、チャンスだと思うのです。

何かとまじわる機会こそが、私たちの日常を楽しくしてくれる大切な要素です。マクセルは、大きさも硬さも粘度も異なる素材をまぜ合わせることで、従来できなかったプロダクト開発を実現してきました。それはマクセルが大事にするアナログコア技術のひとつです。

しかし、マクセルが考える「まぜる」の他に、世界にはたくさんの「まぜる」が存在しているはず。

たとえば、素材×技術、感性×素材、技術×感性など。何かと何かをつなぎ合わせることで、どんな意味や価値をつくり出すのか。あなただけのまぜ方で、気づかなかった新たな視点の発見、その可能性を探りたいと考えています。

アートとテクノロジーをまぜて、こねて、またまぜて。あなたのクセを、このアワードに思いっきりぶつけてみてください!

募集概要

アワード名
クセがあるアワード:混
募集期間
2024年4月1日(月)12:00 〜 2024年5月17日(金)12:00
応募資格

35歳以下であれば、何点でも応募可能です。

  • 未成年の方が応募する場合は、保護者の同意の上、応募してください。
  • 社会人、学生不問 / 個人・企業・団体・グループ等所属の形式も不問です。
  • スケジュールに「参加必須」と記載している全日程に参加が可能なことが条件です。
応募方法
本アワードは、ロフトワークが運営するAWRDを使用して応募を受け付けます。応募には、AWRDのユーザー登録が必要です。(無料)

評価基準

荒削りでもユニークと思えるクセ(= 個性、創造性)があることを大事にしています。作品の審査にあたっては以下の審査のポイントと、審査員の専門分野による独自の視点を評価の軸とします。

  1. まぜたもの(WHAT)
    新旧の技術、異質な素材、異分野の活動など、横断的なコラボレーションを試みているか
  2. まぜかた(HOW)
    ルールや手順を作る、市民参加を促す、先入観を疑うなど、まぜるためのプロセスに工夫があるか
  3. まぜたわけ(WHY)
    意外な着眼点、社会的な必然性、個人的な偏愛など、他者の共感を生む物語を宿しているか

賞について

ファイナリスト

すべての応募作品から計8点を選定します。

  • クセがあるスタジオで行われるファイナリストによるグループ展への出展
  • 8月の展示設営・最終審査会のための費用(交通・宿泊費)を上限5万円まで補助
審査員賞

ファイナリストの作品から、審査員がそれぞれ1点ずつ(計3点)選定します。

  • 審査員特典として、当該審査員が持っている媒体に出演/取材などのオリジナル特典を1つ
  • 事務局特典として、マクセル/FM802/ロフトワークが用意するオリジナル特典をいずれか1つ
  • 活動支援費として、10万円の補助

※事務局特典は、マクセル商品詰め合わせ/UNKNOWN ASIA優先出展権/Fab Meetup Kyoto優先出展権などからいずれか1つを選択

クセがあるスタジオについて

2023年10月、京都・大山崎、マクセルの敷地に、アートとテクノロジーの混ざり合うオープンイノベーション拠点「アート&テクノロジー・ヴィレッジ京都」がオープンしました。「クセがあるスタジオ」は、その一画に位置する約100平米のスタジオで、4月22日にオープン予定です。ロフトワークは、本スタジオの建築設計コンセプトの策定と、施設名称およびロゴマークのクリエイティブディレクション、施設運営におけるプログラムの計画を行いました。クリエイターやアーティストによる展示やイベントから、マクセルの技術を体験できるワークショップまで、ものづくりに携わる人の感性やテクノロジーが混ざり合うようなプログラムが開催されます。創造性の原点になりえるいろいろなクセをかけあわせることで、未来の日常を生み出していきます。

「クセがあるスタジオ」について詳しくはこちら

「クセがあるスタジオ」外観と内観(イメージ)
ロゴマーク

体制

主催

協力

企画運営

株式会社ロフトワーク

アワードへの応募に関するお問い合わせ先

メールアドレス:kuse-ga-aru-award-1@loftwork.com

Keywords

Next Contents

仮想世界と物理世界が溶け合う、新たなアプローチが世界から集結。
「GEMINI Laboratory GLOBAL DESIGN AWARDS」が、受賞作品を発表!