共通するのは、価値観を揺さぶり「問い」を与えること

大阪デザインセンターで毎週金曜日に開催されているSEMBAサロン。毎回多彩な講師が招かれ、勉強会やワークショップが行われています。2018年12月21日、ロフトワークのプロデューサー小島和人が講師として参加しました。

小島は現代芸術作家「ハモニズム」としても活動しています。プロデュースの仕事とアーティストとしての仕事を行き来する中で、共通していることは、価値観を揺さぶり「問い」を与え、考えてもらうことだという小島当日は、彼が提唱する美学のデザインを紹介するとともに、ものごとを生み出す際に大切にしている要素を語りました。

詳しいイベントの様子は大阪デザインセンターのイベントレポートを参照ください。

イベント概要

SEMBAサロン96th「芸術家が企業の中ですべきこと」
会期:2018年12月21日(金)19:00-21:00
主催:大阪デザインセンター
詳細:https://www.osakadc.jp/event/2018/1225154242.html

小島 和人(ハモ)

Author小島 和人(ハモ)(プロデューサー)

専門学校で建築を学びその後、デザイナー、ディレクター、プランナーとして新規ブランド / 店舗 / 商品開発 / PRプランなど広く携わる。
個人では美術作家「ハモニズム」として活動し、ファッション / 植物研究 / 都市菜園などのコラボによりジャンルを越境した作品づくりを行う。

2018年ロフトワークに参画し、新規事業創出や共創空間作り地域産業推進など幅広くプロデュースを担当。2020年からはSFプロトタイピングなどの手法を積極的に取り入れ、先行きが見えない社会の中で企業や団体がこの先で何をすべきか?を提案している。企業人としても作家としても「未来」に対する問いの設計に興味がある。あだ名は「ハモさん」

Profile

Next Contents

XRグローバルコンテンツアワード第5弾
「NEWVIEW AWARDS 2022」の公募がスタート