共通するのは、価値観を揺さぶり「問い」を与えること

大阪デザインセンターで毎週金曜日に開催されているSEMBAサロン。毎回多彩な講師が招かれ、勉強会やワークショップが行われています。2018年12月21日、ロフトワークのプロデューサー小島和人が講師として参加しました。

小島は現代芸術作家「ハモニズム」としても活動しています。プロデュースの仕事とアーティストとしての仕事を行き来する中で、共通していることは、価値観を揺さぶり「問い」を与え、考えてもらうことだという小島当日は、彼が提唱する美学のデザインを紹介するとともに、ものごとを生み出す際に大切にしている要素を語りました。

詳しいイベントの様子は大阪デザインセンターのイベントレポートを参照ください。

イベント概要

SEMBAサロン96th「芸術家が企業の中ですべきこと」
会期:2018年12月21日(金)19:00-21:00
主催:大阪デザインセンター
詳細:https://www.osakadc.jp/event/2018/1225154242.html

小島 和人(ハモ)

Author小島 和人(ハモ)(プロデューサー / FabCafe Osaka(仮)準備室 )

アート作品を作らないアーティスト「ハモニズム(作家名)」。通称「ハモさん」 建築施工管理、デザイナー、プランナー、アーティストという経歴をたどり、多様なものから着想を得て繋げることで先入観を取り除き、変化するためのプロジェクト設計を得意とする。
デザイン経営、サーキュラーデザイン、新規事業支援など幅広くプロデュースを手掛けるが、共通して「なにか新しいことをしたい」時に駆り出されるプロデューサー。口癖は「人の欲望と向き合う」。
都市で暮らす事にこだわり、夏場は大阪市内の河川で40cmを超える黒鯛を数十匹釣り上げる。

Profile

Next Contents

「crQlr Summit 2023 JAPAN」開催!
五感で学ぶ、地域に根ざしたボトムアップな循環型経済