共通するのは、価値観を揺さぶり「問い」を与えること

大阪デザインセンターで毎週金曜日に開催されているSEMBAサロン。毎回多彩な講師が招かれ、勉強会やワークショップが行われています。2018年12月21日、ロフトワークのプロデューサー小島和人が講師として参加しました。

小島は現代芸術作家「ハモニズム」としても活動しています。プロデュースの仕事とアーティストとしての仕事を行き来する中で、共通していることは、価値観を揺さぶり「問い」を与え、考えてもらうことだという小島当日は、彼が提唱する美学のデザインを紹介するとともに、ものごとを生み出す際に大切にしている要素を語りました。

詳しいイベントの様子は大阪デザインセンターのイベントレポートを参照ください。

イベント概要

SEMBAサロン96th「芸術家が企業の中ですべきこと」
会期:2018年12月21日(金)19:00-21:00
主催:大阪デザインセンター
詳細:https://www.osakadc.jp/event/2018/1225154242.html

小島 和人

Author小島 和人(プロデューサー)

大阪府出身。専門学校で建築を学び、建築工務店、ディスプレイ業界を経て、前職ではクリエイティブディレクターとしてブランド立ち上げ、商品開発・店舗開発・PR企画・グラフィック・ディスプレイ・店舗デザインなど幅広く手がける。クライアントとチームになって多様なプロジェクトを進めるロフトワークの働き方に興味を持ち、2018年にプロデューサーとして入社。

また、多様な価値観の浸透を目的に、現代美術作家「ハモニズム」として映像・舞台演出、アートパフォーマンス指導などで活動中。

Profile

Next Contents

今注目の電子契約、ロフトワークでも推進中
具体的な流れやメリットをご紹介!